西炯子がさまざまな男たちの“涙”をコメディタッチで描く、オムニバスシリーズ1巻

1

2022年12月09日 21:28  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

「(泣)―かっこ なき―」1巻
西炯子「(泣)―かっこ なき―」1巻が、本日12月9日に発売された。

【大きな画像をもっと見る】

同作は年齢もタイプもさまざまな男たちの“涙”をコメディタッチで描くオムニバス。会社のトイレから毎朝泣き声が聞こえる「そこでは誰もがひとり」や、妻を亡くした85歳の男性が“彼女”と出会う「推しの次郎」、有能な課長と中途採用の社員の過去を描く「めぐり逢えたら」など、第1巻には6つのエピソードが収録された。

このニュースに関するつぶやき

  • 西炯子先生、同時発売だ♪ヤベーんだ、世代的にド真ん中だからヤベーんだ。あとまぁ女性向けや少女漫画て無闇に世界が広がったりせず、古き良き私小説的な良さがあるから胃に優しい感じがある。漫画は食べ物♪
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定