二宮和也「『泣ける』から良い映画というわけではない」 作品づくりの持論を展開

2

2022年12月09日 22:01  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

二宮和也、映画『ラーゲリより愛を込めて』初日舞台挨拶に登場  クランクイン!
 嵐の二宮和也が9日、都内にて開催された『ラーゲリより愛を込めて』初日舞台あいさつに、北川景子、松坂桃李、中島健人、桐谷健太、安田顕、瀬々敬久監督と共に出席。「泣ける」と反響のある同作について、二宮が「『泣ける』からいい映画というわけではない」と持論を展開した。

【写真】共演した犬の大吉を抱え上げる中島健人

 零下40度を超える厳冬のシベリアで、死と隣り合わせの日々を過ごしながらも、家族を思い、仲間を思い、希望を胸に懸命に生きた実在の男、山本幡男の壮絶な半生を描く本作。山本を二宮、妻のモジミを北川、山本と同じく抑留者となった男たちを松坂、中島、桐谷、安田らが演じる。

 周囲から反響があったかと聞かれた二宮は、「友達が少ないほうなのでそういったことはないですけど」と自虐して笑いを誘いつつ、「SNSの反響とかを見させていただいて、(映画が)始まったんだなというのは感じます」とコメント。「泣いた」というリアクションが多いことについては「『泣ける』から良い映画というわけではないですし。我々が伝えたいことが伝わって、より感情に響いたのかなと感じることがあります」と持論を述べた。

 この日のイベントでは、劇中で、幡男の息子・顕一の壮年期を演じた寺尾聰からのメッセージを音声で紹介。さらに、実際の山本顕一さん本人からの手紙を寺尾が代読した。

 寺尾のメッセージを受け、二宮は「やはり良い声してるな」としみじみ。また、「『お前が出てるから何かあったら自分は行くよ』とずっと言ってくれていたのが寺尾さんだった。本当に出てくれることになって感謝ですね」と過去にも親子役で共演した寺尾の、今作への出演に感謝した。

 顕一さんからの手紙で「父・幡男にそっくりで驚きました」と言われたことについては、二宮は「俺もちょっと似ている感じがしていて。『似てない?』『そんな感じしますよね?』みたいなことを言って現場で盛り上がったのを覚えているんです。息子さんも思っていただけたのはうれしかったですね」と喜びを口にした。

このニュースに関するつぶやき

  • 公開初日なので行ってきました。史実を残したい、なるべく多くの人に伝えたい、そういう使命感にも似た想いが役者さん達から伝わってきました。自然と心が震わされるのだよ。いい映画です。生命は繋がってる。
    • イイネ!2
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定