先住猫に「あっち行って」と拒否された保護子猫が、20日後…… やっと受け入れてもらえた瞬間に涙がこぼれる

8

2022年12月09日 22:02  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

家族になったおこめちゃんでしたが……

 最初は先住猫に受け入れてもらえなかった保護子猫。20日後、やっと受け入れてもらえた瞬間を撮影した動画がInstagramに投稿され、「優しい子ですね」「泣きました」と感動の声が続出。動画は記事執筆時点で2万件以上の“いいね”を獲得しています。



【画像】先住猫に受け入れられた瞬間の子猫



 投稿主は、ワンコやウサギさん、猫ちゃんたちなど、たくさんの動物と暮らしているmikaさん(@this_is_fun10)。2022年11月、mikaさんは母猫に育児放棄されてしまった子猫「おこめ」ちゃんを家族として迎え入れました。



 しかし、わんぱく盛りなおこめちゃんが構ってほしくて先住猫を遊びに誘うも、警戒心が強い先住猫さんたちは「あっち行って」という状態で、なかなか距離が縮まらなかったといいます。



 それから20日後、猫社会の厳しさを知り、ひとりでソファで寝ていたおこめちゃんの元へ……。特に警戒心の強い「ホグ」ちゃんがやってきました。するとホグちゃん、隣にそっと寄り添い、一緒に寝てくれたのです……! 



 そんなホグちゃんの匂いをくんくんかぎ、とってもうれしそうな様子のおこめちゃん。そのままぴったりとくっついて、スヤスヤと一緒に眠ったのでした。最初は距離があった先住猫さんが、おこめちゃんを受け入れてくれた瞬間に胸が熱くなります。おこめちゃん、本当によかったね……!



 ホグちゃんとおこめちゃんが寄り添う姿に、コメント欄には「感動しました」「見ていてウルッとしました」「一番警戒心が強いってとこが更に泣けてきます」「とても素敵な動画に胸キュン」と思わず涙してしまう人や、同じような境遇で先住猫と新入りの猫との関係に悩む人からの「光が見えました」と希望の声も寄せられていました。



 mikaさんは、その後家族となって25日目に、ホグちゃんがおこめちゃんをグルーミングする様子も投稿しています。



 先住猫さんたちは、おこめちゃんを受け入れて遊びにも付き合ってくれるようになったそうで、毎日遊び疲れてヘトヘトになっているそうですよ。おこめちゃんが、これからも先住猫さんたちと仲良く過ごせますようにと願わずにはいられません。



 先住猫さんたちとやんちゃなおこめちゃんの仲むつまじい姿や、おこめちゃんの成長記録は、mikaさんのInstagram(@this_is_fun10)から見守ることができます。



画像提供:mika(@this_is_fun10)さん


このニュースに関するつぶやき

  • ほっこりする瞬間
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定