クロアチアがブラジル破り4強進出! 延長戦終盤に魂の同点弾、2試合連続でPK戦制す

259

2022年12月10日 03:15  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

クロアチア代表がブラジル代表をも呑み込んだ [写真]=Anadolu Agency via Getty Images
 FIFAワールドカップカタール2022準々決勝が9日に行われ、クロアチア代表とブラジル代表が対戦した。

 初優勝を目指す前回2位のクロアチア代表と、20年ぶり6度目の優勝を目指す“王国”ブラジル代表が、ベスト4進出をかけて激突する。ラウンド16で日本代表とPK戦までもつれた激闘を演じたクロアチア代表のズラトコ・ダリッチ監督は、同試合からスタメンを2人変更。一方、ブラジル代表のチッチ監督は、4−1で勝利した韓国代表戦と同じ先発11人で試合に臨んだ。

 前半、クロアチア代表はブラジル代表がボールを持つことを許しながら、ペナルティエリア手前に入りかけたたところで潰しに行き、相手が望む形でシュートは打たせない。保持できるときには、マルセロ・ブロゾヴィッチ、ルカ・モドリッチ、マテオ・コヴァチッチの中盤3枚が相手のプレスをいなしながらボールをキープ。ヨシプ・ユラノヴィッチの積極的な攻撃参加で右サイドを中心に惜しい場面も作り出すが、先制点は生まれない。

 スコアレスで折り返すと、後半からギアを上げたブラジル代表は48分に絶好機到来。右サイドを運んだハフィーニャがスルーパスを通し、インナーラップしたエデル・ミリトンがペナルティエリア右の深い位置から折り返す。相手DFヨシュコ・グヴァルディオールのクリアはゴールに向かったが、相手GKドミニク・リヴァコヴィッチのファインセーブでオウンゴールとはならない。その直後にはヴィニシウス・ジュニオールのパスをボックス中央で受けたネイマールが反転から右足を振ったが、グヴァルディオールのブロックに阻まれる。

 55分にはリチャーリソンが相手DFを背負いながら前を向き、ペナルティエリア左にスルーパスを供給。反応したネイマールがシュートに持ち込んだが、リヴァコヴィッチに防がれた。さらに66分、ロドリゴの高速クロスが相手に当たると、相手DFたちはルーズボールを見失い、ルーカス・パケタがボールを回収。シュートを放ったが、これもタイミングよく飛び出してきたリヴァコヴィッチの好セーブに遭う。

 76分、ロドリゴが相手を引きつけながら敵陣中央へとドリブルで切れ込み、縦パスを供給。受けたリチャーリソンは素早く前を向き、ネイマールにスルーパスを通す。しかし、フィニッシュはまたしてもリヴァコヴィッチの牙城を崩せない。80分にはペナルティエリア左でクロスを収めたロドリゴがグラウンダーでマイナス方向に折り返し、ボックス中央に飛び込んだパケタが相手に寄せられながらも鋭いシュートを放ったが、リヴァコヴィッチの正面。

 “王国”の本気を引き出したクロアチア代表は、後半なかなか攻めに転じることができなかったが、粘り強い守りで耐え切る。90分で決着はつかず、クロアチア代表は2試合連続で延長戦を戦うことになった。

 クロアチア代表は102分、久々にビッグチャンス到来。デヤン・ロヴレンが鋭いスライディングタックルでネイマールを止め、こぼれ球を拾ったモドリッチは左のブルーノ・ペトコヴィッチを走らせる。ペトコヴィッチは左サイド深い位置で孤立したが、巧みな足技で相手2人を剥がし、中央にラストパスを供給。懸命に走ったブロゾヴィッチが合わせたが、丁寧なシュートを放つまでの気力は残っておらず、ボールはバーの上へ。

 延長前半アディショナルタイム1分、ついに試合の均衡が破れる。敵陣中央でパスを受けたネイマールは、ロドリゴとのワンツーパスでペナルティエリア手前に侵入。さらに今度はパケタとのワンツーパスでゴール前に入り込み、相手GKリヴァコヴィッチをかわしてゴールに流し込んだ。ネイマールはペレ氏が持つブラジル代表の歴代最多得点記録「77」に並んだ。

 後がなくなったクロアチア代表は、次々に攻撃的カードを投入すると、117分に試合を振り出しに戻す。モドリッチが自陣で相手のプレスをかわして速攻に転じ、ニコラ・ヴラシッチのパスを受けたミスラヴ・オルシッチが左サイドの深い位置からグラウンダーで折り返す。ボックス中央のペトコヴィッチが左足で合わせると、シュートは相手DFにも当たってゴール左に吸い込まれた。終了間際にはセットプレーからピンチを招いたが、ここでもリヴァコヴィッチのセーブが光り、クロアチアは2試合連続でPK戦に突入する。

 先攻のクロアチア代表は、1人目のヴラシッチが真ん中に突き刺し成功。ブラジル代表はロドリゴが1人目のキッカーを担当したものの、日本代表戦でも活躍したGKリヴァコヴィッチにコースを読まれて止められる。2人目はともに成功。クロアチア代表はマイェルもど真ん中に突き刺し、ブラジル代表のカゼミーロは左隅に突き刺した。3人目もともに成功。クロアチア代表のモドリッチ、ブラジル代表のペドロがそれぞれ相手GKの逆を突いて流し込んだ。そして4人目、クロアチアのオルシッチが成功すると、ブラジル代表のマルキーニョスは左のポストに当てて失敗した。

 この結果、クロアチア代表が2大会連続でベスト4進出を果たした。準決勝は日本時間13日28時(14日4時)から行われ、オランダ代表vsアルゼンチン代表の勝者と対戦する。

【スコア】
クロアチア代表 1−1(PK戦:4−2) ブラジル代表

【得点者】
0−1 105+1分 ネイマール(ブラジル)
1−1 117分 ブルーノ・ペトコヴィッチ(クロアチア)

【スターティングメンバー】
クロアチア代表(4−3−3)
リヴァコヴィッチ;ユラノヴィッチ、ロヴレン、グヴァルディオール、ソサ(110分 ブディミル);ブロゾヴィッチ(114分 オルシッチ)、モドリッチ、コヴァチッチ(106分 マイェル);パシャリッチ(72分 ヴラシッチ)、クラマリッチ(72分 ペトコヴィッチ)、ペリシッチ

ブラジル代表(4−3−3)
アリソン;ミリトン、マルキーニョス、チアゴ・シウヴァ、ダニーロ;カゼミーロ、パケタ、ネイマール;ハフィーニャ(56分 アントニー)、リチャーリソン(84分 ペドロ)、ヴィニシウス(64分 ロドリゴ)


【ゴール動画】圧巻の崩しからネイマールが先制弾も…ペトコヴィッチが劇的同点弾
#ABEMA #FIFAworldcup

【速報】#クロアチア🇭🇷 vs #ブラジル🇧🇷

-延長前半15分-
ようやく均衡を破ったのはブラジル!延長前半アディショナルタイム、先制ゴールを"王国のエース"#ネイマール が決めた!!

🇭🇷 0 - 1 🇧🇷#ABEMAでFIFAワールドカップ#FIFAワールドカップ全試合無料生中継— 【公式】FIFA ワールドカップ カタール 2022 @ABEMA (@fifawc_ABEMA) December 9, 2022

#ABEMA #FIFAworldcup

【速報】#クロアチア🇭🇷 vs #ブラジル🇧🇷

-延長後半 11分-
クロアチア劇的同点弾! #ペトコビッチ が試合終了間際に魂を見せつける!

クロアチア🇭🇷 1 - 1 ブラジル🇧🇷#ABEMAでFIFAワールドカップ#FIFAワールドカップ全試合無料生中継— 【公式】FIFA ワールドカップ カタール 2022 @ABEMA (@fifawc_ABEMA) December 9, 2022

このニュースに関するつぶやき

  • ブラジルを撃破したクロアチアexclamation ��2����日本代表を破ったクロアチアはやっぱり強かったんだね!簡単な事ではないがクロアチアの優勝を願うexclamation ��2
    • イイネ!62
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(157件)

ニュース設定