竹野内豊主演『イチケイのカラス』SPドラマ来年1・14放送 山崎育三郎出演のスピンオフドラマも

21

2022年12月10日 06:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『イチケイのカラス スペシャル』に出演する(上段左から)中村アン、北村一輝、堀田真由(下段左から)高橋優斗、宮世琉弥、吉沢悠、戸塚純貴、渡邉美穂 (C)フジテレビ
 俳優の竹野内豊が主演する映画『イチケイのカラス』が来年1月13日に公開されるのを記念して、フジテレビ系でオール新作のスペシャルドラマ・土曜プレミアム、映画公開記念『イチケイのカラス スペシャル』が同14日午後9時に放送される。

【写真】ウエディング姿で…手をつなぐ山崎育三郎&水谷果穂

 竹野内のほか、黒木華、小日向文世のレギュラーメンバーたちに加え、北村一輝、中村アン、堀田真由、吉沢悠、高橋優斗(※高=はしごだか HiHi Jets/ジャニーズJr.)、宮世琉弥、渡邉美穂、戸塚純貴らのゲスト出演が決定した。

 さらに、同月9日よりに5夜連続(関東ローカル、FNS系列各局は別途放送)で、山崎育三郎主演のスピンオフドラマ『イチケイのカラス〜井出伊織、愛の記録〜』の放送も決まった。

■“熊本・ヤンキーの決闘”と“東京・大企業の代理お家騒動”に接点が浮かび上がる

 『イチケイのカラス』は、東京地方裁判所第3支部第1刑事部(通称:イチケイ)を舞台に、伝家の宝刀“職権発動”を駆使し、1つひとつの事件に粘り強く向き合う、自由奔放で型破りなくせ者裁判官・入間みちお(いるま・みちお/竹野内)と、みちおとは対照的な、東大法学部出身で立身出世をすべく努力を惜しまない、超ロジカルなエリート裁判官・坂間千鶴(さかま・ちづる/黒木)、その他個性豊かなイチケイメンバーの活躍をコミカル&ビターに描いたドラマ。フジテレビ系月9ドラマとして、21年4月期に放送された。

 今作は、みちおがイチケイから異動になって1年後の熊本を舞台に幕を開ける。熊本地裁第二支部で精力的に裁判を行うみちおのもとに、ヤンキーグループの決闘の仲裁に入った青年・諏訪遙人(すわ・はると/高橋)が殴られ、意識不明の重体となった傷害事件が起訴される。加害者と推定された内田亘(うちだ・わたる/嘉島陸)は、全面的に罪状を認めており、執行猶予付きの判決で収束する事件のように思われた。しかし、調査を進めると、不審な点がいくつか見つかる。さらに警察の取り調べの際、内田は容疑を否認していたという。なぜ、内田は証言を変えたのか。疑問に思ったみちおは、職権発動して捜査を開始する。

 一方、東京では、イチケイの部長裁判官である駒沢義男(こまざわ・よしお/小日向)が、“代理お家騒動裁判”と世間から注目を集める大企業「星積ホールディングス」の社員同士の傷害事件を審議していた。社員たちは、次期社長候補の派閥にそれぞれ属していて、代理戦争の様相を呈していた。対立しているのは、同社役員、大藪重之(おおやぶ・しげゆき/北村)と嶋津奈都子(しまづ・なつこ/中村)。奈都子の部下・丹羽昭久(にわ・あきひさ/吉沢)らはとにかく裁判を早く終わらせようとする。そんな両者の態度に、駒沢は怒りすら覚えてきて…。

 捜査を進めていく中で、とある場所で鉢合わせるみちおと駒沢。みちおは内田の弁護人を務める吉塚悟(よしづか・さとる/小柳友)、検察官の木内真菜(きうち・まな/向里祐香)と、一方の駒沢はみちおの弁護士時代の同僚で丹羽の弁護人を務める、青山瑞希(あおやま・みずき/板谷由夏)の部下で若手刑事弁護士・佐倉朝子(さくら・あさこ/堀田真由)、書記官の岡林保(おかばやし・たもつ/戸塚純貴)らと現れる。

 みちおが担当する“熊本・ヤンキーの決闘”と、駒沢が担当する“東京・大企業の代理お家騒動”、全くスケールの違う2つのケンカ事件のある接点が浮かび上がる。物語のラスト、裁判で直面する、この事件の背後にあった切ない愛の物語と大きな闇とは。

■山崎育三郎演じる“Mr.パーフェクト”井出伊織が仕事に恋に悩む?

 スペシャルドラマに先駆けて、スピンオフドラマ『イチケイのカラス〜井出伊織、愛の記録〜』の放送も決定した。山崎演じる正義感の強いクールなエリート検事・井出伊織が、仕事に恋に奔走する姿を描いていく。

 学生時代から勉学もスポーツもマルチにこなし、司法試験でもトップクラスの成績を収めたミスターパーフェクト・井出。しかし2年前、東京地検第三支部への転勤によって人生最大のピンチに陥る。その根源は、みちお。検事サイドの不手際を見抜かれる公判、頻繁に発動される職権調査、それによって増える残業の毎日。挙句の果てにみちおに感化された井出は、検察内部の腐敗を告発という大活躍までしてしまう!やがて、みちおは熊本に異動になり、井出は“入間みちおを乗り切った史上初の検事”として評価を上げた。その一方で上層部に歯向かった歴史も消えずに残ってしまったが、井出は腐らず、“特捜への異動”という目標をかなえるべく、懸命に働くことを決意する。

 今作は、因縁の男・みちおが熊本に転勤になった2年後の井出の日常を描いていく。変わらずイチケイに身を置く井出は、浜谷(桜井)や糸子(水谷)と熊本の検察や書記官の心のケアに勤しむ一方、謎かけのようなみちおの言葉の数々を思い出しながら、特捜への異動を目指す穏やかな毎日を送っていた。

 やがて、異動の季節となり、みちおは岡山地裁秋名支部に部長として異動することに。すると、今度はみちおのうわさを聞きつけた岡山地裁秋名支部の赤城公子裁判官(あかぎ・きみこ/西野七瀬)、土井潤裁判官(どい・じゅん/柄本時生)が、そしてみちお本人もそれぞれイチケイに相談に現れる。井出の平穏な日々が一変。果たして、井出は入間みちおの呪縛から逃れ、特捜への道を切り開くことができるのか。最終話には、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の碇ゲンドウ役などで知られる立木文彦演じる支部長が、井出に辞令を下す。

 さらに、映画『イチケイのカラス』で夫婦になっている井出と糸子。結婚に至るまでには、裁判さながらのさまざまな展開が。仕事に、恋に、嵐が吹き荒れる井出の日常を届ける。

 放送は来年1月9日深夜0時55分〜、10〜12日深夜0時25分〜、13日深夜0時55分(関東ローカル、FNS系列各局は別途放送)。

このニュースに関するつぶやき

  • 「ラジエーションハウス」もそうだが、映画にする程人気だったのか? フジテレビは「踊る 大捜査線」以降、何でもかんでも「続きは劇場で」にするからね。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

ニュース設定