もしかして保育園で虐待?子どもの緊張顔には理由がある 専門家に聞く危ない園の見分け方

87

2022年12月10日 08:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

6日から再開したさくら保育園(静岡県裾野市)。保護者に連れられて登園する園児の姿がみられた=2022年12月6日
 静岡県裾野市の認可保育園「さくら保育園」で起こった保育士による園児への虐待。暴行の疑いで逮捕された女性保育士の3人は容疑をおおむね認めているという。保育士による虐待行為は表に出てないケースもあり、今回の事件は「氷山の一角」という声もある。わが子を預けている保育園は大丈夫だろうか? これから預ける場合はどうすればいいのか? 保育園の見極め方を専門家に聞いた。


【表】あなたの保育園に不適切保育はない? チェックリストはコチラ*  *  *


 今回の事件で常習的に行われていたという虐待はどんなものだったのか。裾野市によると7日時点で確認された虐待行為は16個。


「棚に入った園児の足をつかんで引っ張り出し、足をつかみ宙づりにする」、「予め遅刻する旨連絡のあった園児に対し、腕を引っ張り『遅いんだよ』と怒鳴る」、「泣かない園児に対し、額をたたき無理やり泣かせようとする」、「園児に対し、カッターナイフをみせ脅す」、「給食を食べない園児の頭を突然後ろからたたく」、「感染症の症状のある園児のお尻を無理やり他の園児に触らせる」などだ。


 さらに、これらの行為があったことについて、園長が全職員に対し、第三者に漏らさないよう誓約書を書かせ、市に通報しようとした保育士には土下座して通報しないよう求めていたこともわかり、市は園長を犯人隠避の疑いで刑事告発した。


 こうした問題行為はほかの保育園でも起きている。富山市の認定こども園では、1歳の園児の両足を持ち、逆さづりにして体を引きずったり、2歳の園児が座っていた椅子を引き、尻もちをつかせたりしたなどとして、暴行の疑いで2人の保育士が書類送検されている。


 いずれの問題でも「しつけのつもりだった」「暴行にあたる行為だとは思わなかった」といった趣旨の発言をしているようだ。


 こうした実態について、「保育園を考える親の会」アドバイザーの普光院(ふこういん)亜紀さんは「しつけと虐待などの不適切保育の区別がつかない保育士や施設長(園長)は意外と多い」と指摘する。



 どういった行為が不適切保育となるのか。参考になるのが、全国保育士会がまとめた「保育所・認定こども園における人権擁護のためのチェックリスト」だ。


 このチェックリストでは、不適切とされる保育者の行為として、次の五つのカテゴリーをあげている。


(1)子ども一人ひとりの人格を尊重しないかかわり
(2)物事を強要するようなかかわり・脅迫的な言葉がけ
(3)罰を与える・乱暴なかかわり
(4)一人ひとりの子どもの育ちや家庭環境を考慮しないかかわり
(5)差別的なかかわり


 不適切な保育が具体的に示されており、保護者がチェックする上での参考になる。普光院さんはこう指摘する。


「子どもも人格を持っており、子どもの人権を尊重する感覚が大事です。例えば、保育士がいうことを聞かない子どもを厳しく叱りつけるようなことをしていれば、それは保育士の専門性の低さを表しています。できない子どもの成長に合わせ、一連の保育の中で少しずつ教えていく姿勢が保育士には求められています」


 では、虐待があるような保育園を事前に見分ける方法はあるのだろうか。


 ニュースになるような虐待があれば広く知られることになるが、そこまでに至らない情報はなかなか表に出てこない。保護者が注意するべき点はどういったところか。


 先のチェックリストを監修した関西大の山縣文治教授(子ども家庭福祉)は、


「入園前に保育しているところを見せてくれるかがポイントの一つ」


 と話す。子どもたちが保育されている様子を見て、「楽しそうに遊んでいるか」、「子どもどうしのコミュニケーションが少なくないか」、「子どもが先生の様子をうかがって、緊張していないか」といった様子を見るのがいいという。


「保育している様子を見たいと頼んだとき、それを拒む保育園は何かを隠そうしている可能性があります。また、見学できても保護者の前で虐待的なことや厳しい言葉遣いをするのも基本的にはないと見ていいでしょう。ただ、子どもは正直なので、嫌な先生なら緊張した動きをする。保育の雰囲気を理解するためにも2回は見学したほうがいいと思います」(山懸教授)



 また、あわせて確認したほうがいいのが、すでに利用している保護者の感想だ。日ごろ保育園を利用している保護者のほうがその保育園の様子を理解している。1回や2回の見学では見えてこない保育の様子を知ることができる。


「保護者は職員とは違い、率直な感想をいいやすい。良いところ悪いところを具体的に教えくれるでしょう。知人に利用者が入れば聞いてみるといいでしょうし、いなければ、お迎えの時間を狙って5分ほど立ち話で感想を聞かせてもらうというのもいいと思います」(山懸教授)


 普光院さんは「保育士に大事にされ、あたたかく保育されているかが大事なチェックポイント」と指摘する。山懸教授と同じく、保育の場面を実際に見ることを勧める。保育士と一緒に楽しんでいるか、保育士に身を委ねているか、甘えているか、といった点は注意深く見ておいたほうがいいという。


「普段から子どもに怒鳴ったりしていれば、子どもは先生に甘えたりはしないでしょう。保育園を選ぶ際のチェックポイントに、サービス内容や習い事などが上がりますが、愛情深く保育されているかも大事なポイント。また、園の説明会で保護者にとって便利な話ばかりをしていれば、それも注意が必要です。子どもの気持ちや発達に合わせた保育をしていることをしっかりと説明できるかも見ておくべきです」(普光院さん)


 では、すでに子どもが入園している場合、保護者はどういったところに注意したらいいか。


 普光院さんは、「子どもの様子に注意してほしい」という。裾野市の事件では、園児が「保育園に行きたくない」と駄々をこねたことがあったと報道されている。普光院さんはその点についてこう注意を促す。


「単なる子どものわがままではなく、『園で何かあったのかもしれない』と考えてみるのがいいでしょう。その場合、どういった原因がありそうか、担任の保育士や主任、施設長に相談してみてください。『先生が怖い本を読んだから』といったたわいもない理由のこともありますが、問題のある保育士がいれば、相談すると態度が改まることもあります」


 また、保育園での送り迎えなど、何気ない場面でも問題の一端が垣間見れることがあるという。


「迎えにいったときの子どもの表情が緊張しているようであれば、注意しましょう。また、保育士がただ手を挙げただけで、近くの子どもがよけるようなそぶりをすれば、それは普段から叩いている可能性があります。0歳児は言葉をまだ話せませんが、いつも家ではニコニコしているのに、保育園に迎えに行くといつも無表情になっているということがあれば、心配したほうがいいです。泣いても放置されていたことが原因だったという事例もあります」(普光院さん)


 山懸教授は子どもとのコミュニケーションも保育園での問題を発見するうえで有効だという。何かを問い詰めるわけではなく、「今日は何をしたの?」、「何が楽しかった?」などといった会話だ。


「子どもはどんなことが保育園であったのか、正直に話します。その中で『○〇くんがすごく怒られていた』『叩かれていた』という話も出てくる。ここから虐待を見つけることができます。自分の子どもだけでなく、子どものお友達ともそういったコミュニケーションを取っておくと良いでしょう」(山懸教授)


 もし問題を把握した場合は、保護者はどう対応したらいいのか。問題を指摘することで、保育園との関係悪化を心配するかもしれないが、虐待を受けている子どものダメージを考えれば、早く救うことが重要だ。


 普光院さんはこう助言する。


「保護者は勇気をもって保育士に相談する必要があります。保育士本人に直接言えないような場合は、主任や施設長に相談しましょう。他の保護者と連携するのも有効です。父母会があれば、会を通じて園に確認することも手段として考えられます」


 今回のように園側が事実を隠そうとしたり、まともに取り合わなかったりしたら、自治体に相談することもできる。


「不適切な保育が行われていれば、自治体が園を指導する責任があります。まずは市区町村の窓口に相談するといいでしょう。もしそこで納得のいく対応がされなかった場合は、都道府県の『指導監査部門』に相談するといいです。市区町村に指導を促してくれる場合があります」(普光院さん)


 山懸教授は「あまり知られていないが、保護者からの苦情を受け入れる制度はある」と説明する。


 保護者らからの苦情を受け付け、それを解決するために客観的な立場から動く「第三者委員」を、ほぼすべての保育園で設置している。


 また、第三者委員での解決が難しい場合には、各都道府県の社会福祉協議会にある「運営適正化委員会」に相談することができる。状況を調査し、問題があれば助言・勧告する役割を持っている。


 山懸教授はこういう。


「多くの保育士が適切に保育しているが、人間の行為なので、積極的にやるかどうかは別にして、必ずどこかで問題は起こってしまう。不適切な保育が起きたときに『それはダメだ』と周りの保育士も保護者も立ち上がることが、子どものためにも重要です」


(AERA dot.編集部・吉崎洋夫)


このニュースに関するつぶやき

  • 住んでる場所によってはそもそも選択権なかったりするのであんまり参考にならない気がする。
    • イイネ!31
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(57件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定