Microsoft、「Windows 10」のダウンロード販売を1月31日に終了へ

77

2023年01月24日 11:52  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

Webページでの告知

 米Microsoftは2015年に発表した「Windows 10」のHomeおよびProエディションのダウンロード版の販売を1月31日に終了する。本稿執筆現在、公式ブログなどでの告知はないが、公式Webページにそう表示されるようになった。



【その他の画像】



 サポートの終了予定は変わっておらず、2025年10月14日。既に使用中のWindows 10に対するセキュリティ更新プログラムは、サポート終了期日まで提供される見込みだ。



 この表示には「Windows 11の詳細を見る」というリンクが付いており、ダウンロード購入するのであればWindows 11を推奨するということのようだ。



 MicrosoftはWindows 10の1つ前のバージョンである「Windows 8.1」のサポートを1月10日に終了した。MicrosoftはWindows 10またはWindows 11への移行を推奨しているが、「10年ほど前の技術で設計されているWindows 8.1搭載PC」をWindows 10にアップグレードするよりも、Windows 11搭載の新しいPCに買い替えることで「革新的な新機能」を使うことを強く勧めている。



 Windows 8.1のサポート終了に関する日本語版のWebページには、8.1ユーザー向けの今後の選択肢としてWindows 10への移行も挙げられているが、英語版ではこの項目が削除されている。いずれ日本語版でも削除されるとみられる。


このニュースに関するつぶやき

  • 昔は常に新しいOSに乗り換えていたけど、今はスマホとの両刀遣いで、むしろPCの方が利用頻度が少ないくらいなんでOSは古いバージョンでも十分。
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(50件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定