もしも雪道で立ち往生してしまったら 最も気をつけるべきことは?

38

2023年01月24日 16:29  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

もしも雪道で立ち往生してしまったら 最も気をつけるべきことは?

予想外の大雪で、まさかの立ち往生。車がどんどん雪に埋もれていく・・・! そんな時に最も注意が必要なのは「一酸化炭素中毒」です。雪道で立ち往生してしまった場合の注意点や対策をまとめました。



●雪道で立ち往生してしまったら


毎シーズンのように発生する「雪道での車の立ち往生」。大渋滞を引き起こし、解消まで何日もかかってしまうことも珍しくありません。もしも雪道で立ち往生してしまった場合、最も注意すべきは「一酸化炭素中毒」です。車が雪に埋まってしまったときは、原則、エンジンを切りましょう。マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。窓を開けて換気しても、窓の開口量や風向きなどの条件によっては、一酸化炭素中毒の危険が高まることがあります。防寒などでやむを得ずエンジンをかけるときは、マフラーが雪に埋まらないように、こまめにマフラーのまわりを除雪してください。


●万が一に備えての安心グッズ


雪道運転をする場合、万が一に備えて、次のものを用意しておくと安心です。(1)防寒着やカイロ、毛布など暖をとるもの暖房がとまってしまった際の車内温度の低下に備えましょう。(2)飲料水や非常食、モバイルバッテリー、簡易トイレ、懐中電灯長時間、車内で過ごすことや夜間のトラブルを想定して準備しておきましょう。(3)ブースターケーブル、 牽引ロープ、タイヤチェーンバッテリー上がりの際に使用するブースターケーブルや発進不能になったときの脱出に役立つ牽引ロープもあると良いでしょう。スタッドレスタイヤだけでは対処しきれないほどの積雪にも対処するため、タイヤチェーンもあると役立ちます。(4)軍手、ゴム手袋、長靴、スコップ一酸化炭素中毒を防ぐために、除雪ができるものを準備しておきましょう。以上のグッズを準備しつつ、気象情報や交通情報を確認し、大雪や猛吹雪が予想される場合は、外出の予定を変更したり、移動手段を変更したりすることも検討してください。


このニュースに関するつぶやき

  • 一応寝袋とかちょっとした調理器具とか非常食なら車内に常備してるなー。牽引ロープも(別の用途の為に)積んでたりする
    • イイネ!5
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(27件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定