燃える軽トラ「スマホで撮って」 素早い通報と初期消火、4人で協力

39

2023年01月25日 11:50  朝日新聞デジタル

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

朝日新聞デジタル

左から桧掛一馬さん、梅村寿さん、妻美智子さん=2023年1月13日、愛知県豊田市消防本部、中川史撮影

 愛知県豊田市で民家の1階の軽トラックが焼ける火災があった。スマートフォンで撮影した動画を消防本部に送るなど素早い通報と、的確な初期消火で住宅への延焼を防いだ。感謝状を贈られた4人のうち、2人は元消防団員と元自衛官だった。


 昨年10月18日昼ごろ、豊田市西中山町の名鉄バス運転手、桧掛(ひがけ)一馬さん(69)は、会社員で富山県から帰省中の長男冬馬さん(26)と車で中京大学豊田キャンパス近くの同市乙部町を走っていた。突然、爆発音が聞こえた。車をバックさせて確認すると、近くの家の軽トラックから真っ黒い煙が出ていた。


 その家の隣に住む梅村寿さん(64)も同じ音で外に飛び出した。運転席周辺と荷台のもみ殻が激しく燃えていたという。


 桧掛さんは冬馬さんに、梅村さんは妻の美智子さん(64)に119番通報をそれぞれ頼んだ。


 元消防団員でもある梅村さんは、トヨタ自動車に勤めていたころ訓練を重ねた消火器を手に持った。元自衛官で消防隊に所属した経験がある桧掛さんも、留守宅のホースを蛇口につないで初期消火にあたった。


 家屋に燃え移らないよう車の屋根に放水した。軽トラはハンドルや座席が溶け、後ろのガラス窓も破れるなど運転席回りがひどかった。荷台の道具箱も溶け、カセットボンベ2本ほどが爆発して飛び散っていたという。


 「消さなあかん、早くやらなあかんと慌てました」と桧掛さん。「家内にも消火器の使い方を教えないといけないなと思いました」と梅村さん。13日の感謝状贈呈式で、市消防本部の須賀基文消防長は「4人の一致協力した通報と初期消火で、車のみの焼損ですんだ。重ねてお礼、感謝致します」と述べた。


続きはこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 「火事ですか?救急ですか?」「○○で軽トラが燃えてます!」素早い通報・・・動画撮影して送る意味は・・・?座標データとかあるのかな?
    • イイネ!2
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(28件)

ニュース設定