【ドンブラザーズ】ドン46話「なつみのよのゆめ」あらすじ 獣人がタロウをコピー

13

2023年01月28日 17:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』ドン46話より (C)テレビ朝日・東映AG・東映
 破天荒な展開で話題のスーパー戦隊シリーズ最新作『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』(毎週日曜 前9:30、テレビ朝日系)のドン46話「なつみのよのゆめ」が、29日に放送される。

【動画】【ドンブラザーズ】ドン46話「なつみのよのゆめ」予告

 脳人の検察官・ソノシ(廣瀬智紀)たちが現れたのは、元老院に脱落者と判断されたソノイ(富永勇也)たちを処刑するためだった。脳人の攻撃を受け消滅してしまった雉野つよし(鈴木浩文)は、永遠に闇の空間をさまようことになるという。

 ソノイたちは、ドンブラザーズに手を組もうともちかける。一方、ドン家の者として獣人を生み出した責任を取ると、折り紙を口に入れた桃井タロウ(樋口幸平)は獣人の森で目覚める。獣人は、タロウをコピーし始める。犬塚翼(柊太朗)らが森を訪れると、守り人となったタロウがいて…。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 人間と獣人が一緒に存在出来るようになるのか?、雉さんの復帰のさせ方とか、結局極悪な存在が居ないから如何落ちが着くのか、難解ですね。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(8件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定