ジムに通う女性、止まらん犹務話瓠峪ち方から教えてくれる…」

1

2023年01月30日 07:00  ウィズニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウィズニュース

小山コータローさんの漫画「ジムと事務」

どっちの話がしたいかな…。漫画家・小山コータローさん(@MG_kotaro)が描くのは、どこか奇妙だけどなぜかツボに入る4コマ漫画。想像の斜め上からくる小山さんの発想力で、月曜日、ちょっとダウナーな頭をやわらかくしてみませんか。

【4コマ漫画】ジムに通う女性、止まらん犹務話瓠峪ち方から教えてくれる…」

「ジムと事務」
「毎日事務仕事が終わってからスポーツジムに通ってるの」と話す女性。
友人と会話を続けますが、どうも主語がよくわからなくなり……。

話のバランス感覚
たびたびツイッターでも話題になるギャグ漫画作家の小山さん。ジムに通った経験について聞いてみました。

《ジムに通ったこと、一度だけあります。

たぶんまだ21か22歳くらいの頃ですね。

田舎の小さなジムだったので、ボディビルダーの実家くらいのイメージです。

初日にトレーナーのお兄さんから「じゃあ、まずバランス感覚のテストをしてみましょう!」と言われて、言われるがままに目を瞑ったままその場で行進するように足を左右交互に上げて、30秒ほどしたところで「目を開けてください!」と言われ、目を開けるとそこは、最寄駅でした。

ごめんなさい、盛ってしまいました。ギャグ漫画家の悪い癖ですね…実際は、目を開けると1メートルほどさっきの場所からズレて立っていました。

「ジムが移動したか、僕が移動したかのどちらかだ」と僕は大きな声で感想をいいましたが、どうやら僕のバランス感覚がよくなかったらしく、どんどんズレていったようです。

その後は、ランニングマシンに乗り、軽く走りながら、少しずつスピードを上げ、軽く汗を流したところで目を開けるとそこは、最寄駅でした。

癖ってのは抜けないから怖いですよね。身体よりも、話のバランス感覚がズレてるのかもしれませんね。

ジムは1ヶ月で退会しました。》

<こやま・こーたろー>
 漫画家。「違和感」を作風とし、漫画家のSNS「コミチ」やTwitterで毎日4コマ漫画を発信中。前後関係を無視したセリフや、突拍子もない理不尽な展開が得意。初の書籍「デリシャス・サンド・ウィッチーズ」(扶桑社)発売中。Twitterアカウントは@MG_kotaro。

   ◇
 漫画家・小山コータローさんの連載「#小山コータローの4コマ劇場」は原則週1回(月曜日)、withnewsで配信していきます。

このニュースに関するつぶやき

  • そして…シャア専用ズゴックに貫かれて死亡
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定