「いまだにカセットと呼んでしまう」スイッチ用ソフトの呼称に同意の声

76

2023年01月30日 09:21  おたくま経済新聞

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

おたくま経済新聞

「いまだにカセットと呼んでしまう」スイッチ用ソフトの呼称に同意の声

 「いまだにこれの事、カセットとよんでしまうスーファミ世代です!」と、声をあげたのは、ツイッターユーザー「Paltina(パルティナ)」さん。


 添えられた写真を見ると、そこにはニンテンドースイッチ用のソフトが4つ、いわゆる裸の状態で無造作に置かれていますが……え?これ、「カセット」ですよね?違うの?


【その他の画像・さらに詳しい元の記事はこちら】


■ ニンテンドースイッチ用ソフトの正式名称は「ゲームカード」

 そう感じた方はきっと80年代以前生まれ。実はニンテンドースイッチ用のソフトは、公式HPによると「ゲームカード」と呼ばれており、残念ながら「カセット」という表記はどこにもありません。ちなみに似た形状の「ニンテンドー3DS」や「PSVita」のソフトは、そのまま「ソフト」と表記されていました。


 普段はツイキャスにてゲーム配信を行っているというパルティナさん。その中でゲームカードのことを「カセット」呼びしていたところ、リスナーさんからツッコミがあり、「もしかしたら今は違うのかな」と思ったことが投稿のきっかけだったとのこと。


 同社のゲームソフトが正式に「カセット」と呼ばれていたのは、どうやらスーパーファミコンまでのようで、後発のニンテンドウ64は「カートリッジ」に。以降ゲームキューブやWiiではディスク媒体が使われるようになったため、「カセット」呼びはすっかり廃れていった模様。


 ところが、ニンテンドースイッチになると、ソフトは再び本体にガチャっと挿入する形式に。もちろんファミコンやスーパーファミコンとは形も方法も異なりますが、ついつい「カセット」と呼んでしまう気持ち、昭和生まれの筆者としても、なんとなくわかる気がします。


■ 「これからもカセット呼び」 レトロゲー愛を貫く

 それはツイートを見た多くの方にとっても同じであったようで、コメント欄には「カセットでしょ」「え?カセット以外なんて言うんですか?」といった同意の声が多数。中には「うちの子もカセットって呼んでますw」と、まさかの報告も。


 こうした声に対し、パルティナさんは「本当に驚き、そしてうれしかったです。カセット呼びの方もたくさんいたので、やっぱり子どもの頃から慣れ親しんだ『ファミカセ』時代の名残が残っているのかなと思いました」と、感激の気持ちをコメント。


 今回のつぶやきをきっかけに「ゲームカード」という正式名称を知ったようですが、「何十年もカセットよびだったので今更変えられなくて(笑)。おそらくこれからもカセット呼びだと思います」と、レトロゲー愛を貫くことを宣言。正しさも大事ですが、やはり伝わることが大事ですよね。



<記事化協力>
Paltinaさん(@Paltina5)


(山口弘剛)


このニュースに関するつぶやき

  • カセットと呼ぶのは結構だが、光学ディスクじゃなきゃ速いと思い込んでいる人も一定数いる(Switchは現世代ハードでは激遅)。あと、PS4、XB1世代以降はディスクだろうが本体インストールなので、容量軽減にはならない。
    • イイネ!4
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(50件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定