雪崩(なだれ)の種類 「表層雪崩」と「全層雪崩」とは

16

2023年01月30日 15:00  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

雪崩(なだれ)の種類 「表層雪崩」と「全層雪崩」とは

雪崩(なだれ)には、主に「表層雪崩」と「全層雪崩」の2種類があります。それぞれの特徴について説明します。



●雪崩(なだれ)の種類


雪が積もると、雪崩(なだれ)が発生しやすくなります。雪崩とは、斜面に積もった雪が、重力によって下に滑り落ちる現象ですが、種類が2つあります。1つは「表層雪崩」です。これは、山に積もっている古い雪の上に、新たに積もった雪が滑り落ちる現象です。1、2月頃の寒さが厳しい冬の時期に、山の急斜面で発生しやすく、雪庇(せっぴ)や吹きだまりができている斜面で多く発生します。突然発生し、時速100〜200kmの新幹線並みの猛スピードで滑り落ちてくるという特徴があります。気温が低く、既にある積雪上に、短期間で多量の降雪があったときに発生しやすくなります。もう1つは「全層雪崩」です。こちらは、山に積もった雪が、全て滑り落ちる現象です。気温が上昇する春先に、雨が降った後や、フェーン現象などで気温が上がった時に多く発生し、斜面の上の固くて重い雪が、流れるように滑り落ちます。過去に雪崩が発生した斜面や、積雪に亀裂が入っている所では、特にご注意ください。万が一、雪崩に遭遇した場合は、雪崩の流れの端に向かって横に避難しましょう。


このニュースに関するつぶやき

  • 命がけの雪山をいくつもやった。バカみたいな情熱で。山は美しすぎる魔物だ。魅せられたら逃れられない。いくつもの思い出が宝だ。山を愛する仲間達よ。ちゃんと勉強して訓練して山に入ろう。
    • イイネ!14
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(13件)

前日のランキングへ

ニュース設定