皇治、対戦相手を一方的に発表 “ストーカー”芦澤竜誠は「弱いですもん。すぐ倒れるへなちょこ」

1

2023年02月01日 21:59  ORICON NEWS

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

皇治 (C)ORICON NewS inc.
 格闘技イベント『RIZIN』の会見が1日、都内で行われ、今年最初の大会『RIZIN.41』が4月1日に丸善インテックアリーナ大阪で開催されることが発表された。会見には皇治も登壇し、「調整中」だった対戦相手を芦澤竜誠と一方的に発表した。

【動画】皇治、“ストーカー”芦澤竜誠を激しく挑発「ごちゃごちゃ抜かすな魚!!」

 昨年大みそかの『RIZIN.40』で、K-1との契約が終了した芦澤竜誠がサプライズで登場し、皇治との対戦をアピール。リング上で並んだ二人はお互いを激しく挑発し、乱闘寸前となっていた。

 この日の会見の冒頭、RIZINの榊原信行CEOは「皇治は足に怪我をしており、キックボクシングの試合がなかなか組めない」と明かし、皇治の対戦相手を「調整中」と発表したが、マイクを持った皇治が「相手は一人しかいないでしょう、芦澤しかいないでしょう」と割って入った。

 皇治は芦澤を「RIZINに乗り込んできて俺とやりたい言うてストーカーみたいに追いかけまわしてきて」と“ストーカー”扱い。ルールについて、芦澤が自身のYouTubeで「RIZINならMMAでやれ」と挑発したが、皇治は「RIZINでMMAの試合がいっぱいあるなかで、俺ら素人同士でMMAやるって、こんな失礼な話がありますか。ホンマにやるならお互いがMMAで実績を積んでやるべきやと思うし。喧嘩を売っといてごちゃごちゃ抜かすな魚」と切って捨てた。

 芦澤との対戦は「興味ないですよ」とそっけなく、「弱いですもん。すぐ倒れてしまうし、へなちょこ」と評価は厳しい。それでも、「K-1の時から応援してくれた皆さんのため、そして立ち技も盛り上げたいと思っているので、彼とやって盛り上がるという面ではやってもいいのかな」と、古巣や立ち技業界のために一肌脱ぐと決断した。

 自身の目標は「メイウェザーに一途ですから」と断言し、榊原CEOに「はやく連れてきてください」とアピール。「やるなら甲子園か京セラドーム。ごっついお金がかかるな」と話すと、RIZINの冠スポンサーとなったエナジードリンク「サムライ」を手に取り、「これ、うまいなぁ!」とあからさまにゴマすりしていた。

 同大会には『RIZIN.40』でブラックパンサーベイノアにKO勝利した宇佐美正パトリックの参戦も決定。榊原CEOは本大会のメインは「これから発表するカードになる可能性がある」とさらなる目玉カードの投入を示唆した。


●『RIZIN.41』対戦カード
(MMAルール)
神龍誠 VS 北方大地
ヴガール・ケラモフ VS 堀江圭功
金太郎 VS 石司晃一
中村優作 VS メイマンマメドフ
宇佐美正パトリック VS 後日発表

(キックボクシングルール)
皇治VS 芦澤竜誠
麻太郎 VS 櫻井芯
進撃の祐基 VS 木村“ケルベロス”颯太
駿 VS 元氣


動画を別画面で再生する



    ニュース設定