日本発売を期待! Samsungの新ノートPC「Galaxy Book3シリーズ」実機をサクッとチェック

0

2023年02月02日 03:12  ITmedia PC USER

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia PC USER

スマートフォンの最新モデル「Galaxy S23シリーズ」と同時に発表されたGalaxy Book3シリーズ。左からGalaxy Book3 Pro 360、Galaxy Book3 Ultra、Galaxy Book3 Pro 14

 既報の通り、Samsung Electronics(サムスン電子)は2月1日(米国東部時間)、ノートPCの新製品「Galaxy Book3シリーズ」を発表した。ラインアップは、独立GPUを搭載する「Galaxy Book 3 Ultra」、2in1タイプの「Galaxy Book3 Pro 360」、そして薄型のメインストリーム「Galaxy Book3 Pro 14」「Galaxy Book3 Pro 16」の4モデルだ。



【その他の画像】



 この記事では、Galaxy Book3シリーズの実機をいち早く紹介する。



●「GalaxyのPC」らしくGalaxyスマホとのデータ連携に対応



 現行のGalaxy Bookシリーズは、日本では発売されていない。ただし、2017年に販路を限定して主に法人向けに販売されていたこともある。



 一方で、海外では2022年に「Galaxy Book2 Pro 360」と「Galaxy Book2 Pro」が発売されるなど、サムスン電子のWindows PCのシリーズの1つとして定番になっている。



 Galaxy Bookシリーズの特徴の1つに、「Samsung Account」(日本では「Galaxyアカウント」)を介したデバイス連携機能がある。



 各モデルには、Galaxyスマホではおなじみの「ギャラリー」「Galaxy Notes」「Quick Share」といったアプリがプリインストールされている。これらアプリはGalaxyスマホの同名アプリとのデータ同期にも対応しており、スマホで撮った写真が自動的にPCで表示されたり、手書きで撮ったメモをPCで参照したりといった操作を行える。アプリのユーザーインタフェース(UI)も、スマホ版に近い。



 日本でなじみのある製品を例にすると、iPhoneとMacの関係に近いと言えば理解しやすいだろう。



●フラグシップモデル「Galaxy Book3 Ultra」



 「Galaxy Book3 Ultra」は、Galaxy Book3シリーズのフラグシップモデルである。CPUはIntelの第13世代Core i7/i9プロセッサ(開発コード名:Raptor Lake)を採用し、独立GPUとして、NVIDIAの「GeForce RTX 4050/4070 Laptopを搭載する。



 ディスプレイは16型有機ELで、3K(2880×1800ピクセル)の解像度を備える。リフレッシュレートは、初期設定では48Hzから120Hzの範囲で自動調整される。



 最上位モデルとして、傘下のAKGがチューニングしたクアッドスピーカーや、AIノイズキャンリングを搭載したスタジオ品質のマイクも搭載する。



 ポート類は、左側面にThunderbolt 4(USB4)対応のUSB Type-C端子2基と、HDMI 2.0出力端子を備える。USB Type-C端子は、USB PD(Power Delivery)規格の電源入力と、DisplayPort Alternate Mode規格の映像出力も兼ねている。



 右側面には、USB Type-A端子が1基、microSDメモリーカードスロット、3.5mmのイヤフォン/マイクコンボジャックを備える。最上位モデルらしく、外部インタフェースは比較的充実している。



 キーボードはテンキー付きで、LEDバックライトも備える。展示機はUS(米国英語)配列だったが、実際の配列は販売される国/地域によって異なる。



●Sペン対応の2in1「Galaxy Book3 Pro 360」



 次に紹介する「Galaxy Book3 Pro 360」は、ディスプレイを背面側に折りたためる、いわゆる「コンパーチブル型」の2in1ノートPCだ。



 こちらも、16型と大きめの有機ELディスプレイを搭載している。パネルの仕様は先に紹介したUltraと同様だが、タッチ操作とペン入力に対応している。独立GPUは搭載しておらず、CPUに内蔵された「Intel Iris Xe Graphics」を利用している。



 Galaxy Book3 Pro 360は、Galaxyスマホの上位モデルでおなじみのスタイラスペン「Sペン」が付属している。プリインストールされているGalaxy Notesアプリを利用すれば、かつての「Galaxy Noteシリーズ」と同じような書き(描き)味を楽しめる。



 ポート類の並びはGalaxy Book3 Ultraと同じだが、HDMI出力端子のバージョンが「1.4」となっていることが異なる。



●メインストリームの「Galaxy Book3 Pro 14/16」



 これら2機種に加え、薄型/軽量を特徴とするメインストリームモデル「Galaxy Book3 Pro」も2タイプ発売される。ディスプレイのサイズは14型と16型から選択可能で、16型モデルはGalaxy Book3 Pro 360のベースモデルでもある。



 ディスプレイの仕様は、サイズを除けば先に紹介した2モデルと同一だ。ただし、タッチ操作やペン入力には対応しない。



 ポート類を始めとする主要な仕様はGalaxy Book3 Pro 360と同様である。



 いずれのモデルも日本での展開予定は明かされていないが、過去に日本でも取り扱いがあった。モノの出来はとても良いだけに、復活に期待したいところだ。


    ランキングIT・インターネット

    ニュース設定