時速160キロで飲酒運転 事故を起こした男、妊娠7か月の婚約者と胎児の死を知り法廷で号泣(米)

4

2023年02月02日 21:11  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

飲酒運転による事故で亡くなった女性(画像は『New York Post 2023年1月30日付「Accused drunken driver breaks down after learning pregnant fiancée died in NYC wreck」』のスクリーンショット)
飲酒運転で事故を起こした男が2日後、法廷で号泣する姿が目撃された。男は入廷直前、助手席に座っていた妊娠7か月の婚約者とお腹にいた胎児の死亡を初めて知らされたという。飲酒運転の悲劇を米ネットメディア『New York Post』などが伝えている。

【この記事の他の写真を見る】

米ニューヨーク州ニューヨーク市スタテン島で1月28日午前4時45分頃、車を運転していたアデム・ニケジーク(Adem Nikeziq、30)が事故を起こし、助手席に座っていたアドリアナ・シルメタージさん(Adriana Sylmetaj、23)と胎児が死亡した。

アデムは前夜からかなりの量の酒を飲んでいたにもかかわらず、2021年製ダッジ・チャレンジャーを運転、何度も車線変更をしながら時速160キロのスピードで走行していた。そして車はコントロールを失い、道路脇のコンクリートの壁に激突すると、そのままスピンしながら電柱に突っ込んだ。


この衝撃で車は大破して3つのパーツに切断、事故現場の写真を見ると車はほとんど原形を留めていないことが見て取れる。


地方検事補、ニコラス・アゴスティーノ氏(Nicholas Agostino)によると、助手席から投げ出されたアドリアナさんは即死で、遺体は交差点付近で発見されたという。また片脚は切断されており、胴体から約6メートル離れた場所に転がっていたようだ。さらに信じられないことに、胎児はアドリアナさんの子宮から飛び出してしまい、切断された彼女の脚からさらに約6メートル離れた場所で見つかったという。

一方のアデムはというと、軽傷ではあったものの地元の大学病院に搬送されて入院。事故から2日後、病院のガウンを着て車椅子に乗ったまま裁判所に姿を現した。


アデムの弁護士マーク・フォンテ氏(Mark Fonte)によると、アデムは入廷の直前までアドリアナさんと胎児(女の子)の死を知らなかったそうで、裁判官の前で号泣したという。

マーク氏は当時のことを「婚約者と胎児が亡くなったことをアデムに知らせる人はいませんでした。それで法廷に入る数分前、私がアデムにそのことを話したのです。すると彼は『全く信じられない』という表情を浮かべ、その場で泣き崩れたのです」と語っている。


アデムは警察に「車がコントロールを失う直前、別の車が割り込んできた」と話したそうだが、今回の事故では故殺罪、過失致死罪、危険運転致死傷罪と飲酒運転などの罪に問われており、現在は40万ドル(約5220万円)という高額の保証保釈金が設定されたまま勾留されている。今後は陪審員による審理が行われる予定で、次回の出廷は2月2日になるという。


なお米ネットメディア『New York Daily News』は、アデムが2017年に飲酒運転と免許停止中の運転で逮捕されていたこと、また2019年にも免許停止中の運転と逮捕に抵抗したことによる逮捕歴があることをすっぱ抜いており、アドリアナさんの兄アルさん(Al)はアデムについて次のように述べた。

「妹がアデムを家に連れてくるようになったのは2年くらい前のことで、当時2人はすでに一緒に暮らしていました。アデムは最近父親を亡くし、それからは常にほろ酔いの状態だったようです。妹は4月の赤ちゃんの誕生を楽しみにしていましたが、彼はまだ父親になる準備ができていなかったのだと思っています。自分が父親になると分かっていながらこんな事故を起こすのですからね…。常識では考えられないことでしょう。」

ちなみに事故現場をよく知る地元の住民は「クレイジーだわ」「妊婦だけでなく、赤ちゃんまで亡くなるなんて本当に悲しい事故」「現場周辺では、夜遅くになるとかなりのスピードで走る車をよく見かけるよ」などと話しており、このニュースには次のようなコメントが寄せられた。

「この男にはしっかり刑に服して欲しい。そして出所したらもう二度と車に乗らないで欲しい。」
「ニューヨークだろう。4年で刑を終えて出てくるね。」
「刑を重くすべきだよ。」
「30歳にもなって、早朝に妊婦を乗せた車を時速160キロで飛ばすなんて! しかも飲酒運転! どんな言い訳も通用しないよ。」
「飲んだら飲むな! 『僕だけは大丈夫』なんて言う奴は傲慢なだけ。」
「病院で目覚めた後、誰も婚約者と赤ちゃんのことを伝えなかったの? 信じ難い。」
「なぜ妊娠7か月の女性が朝の4時45分に外出しているわけ?」
「胎児が子宮から飛び出していたなんて…。この男はきっと一生トラウマを抱えることになるだろう。」
「私も男きょうだいを飲酒運転で亡くした。彼のベストフレンドの運転でね。それから私の人生は変わってしまった。事故を起こした男を気の毒に思う。なんと言われようともね。」
「女性と赤ちゃんに『どうか安らかに眠ってください』と言いたいね。」

画像は『New York Post 2023年1月30日付「Accused drunken driver breaks down after learning pregnant fiancée died in NYC wreck」(Seth Gottfried)(Dennis A. Clark)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)

このニュースに関するつぶやき

  • 飲酒&高速暴走の屑が生き残って、婚約者と胎児が死ぬって・・・神様ってどんだけバカなの?
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(4件)

前日のランキングへ

ニュース設定