手洗いやアルコール消毒が増えて…コロナ禍要注意の皮膚疾患 「主婦湿疹」ってなに?

36

2023年02月03日 20:30  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

水仕事のあとはしっかりとケアを

「主婦湿疹」とも呼ばれ、水仕事をする主婦を中心に悩まされているのが皮膚疾患の一つ「手湿疹」です。コロナ時代になり、感染対策のための手洗いやアルコール消毒の機会が増えていることから「手湿疹」には注意が必要です。

【写真】発疹がないのに、かゆい? それはもしかして「皮膚掻痒症」かも…内臓疾患には要注意

水仕事でなりやすく、乾燥する冬は特に要注意

長年、家事にたずさわる主婦に多く見られたことから「主婦湿疹」の呼び名でも知られるのが「手湿疹」です。水仕事をする人に多い皮膚疾患で手に湿疹ができることから、このような病名がついたようですが「進行性指掌角皮症(しんこうせいししょうかくひしょう)」ともいわれています。なんだか早口言葉のようですね。

「手湿疹」で多いのが「刺激性接触皮膚炎」です。水仕事で洗剤などを使うと手の皮膚の脂分が抜けやすく、ひどくなれば炎症を起こします。水仕事を職業とする人や台所に立つ人によくみられる疾患です。他にも「アレルギー性接触皮膚炎」などによる手湿疹もありますので、湿疹ができたら皮膚科などの専門医に診てもらいましょう。

症状としては手指を中心に乾燥やひび割れ、あかぎれ、かゆみなどが出てきます。ひどくなると水泡ができやすくなります。さらに症状が進むと、水泡がつぶれて傷になったり、指の間から出血したりと大変です。

刺激性接触皮膚炎による手湿疹の原因は、先ほど述べたように洗剤や石鹸などの影響や水仕事のし過ぎで皮脂が少なくなり、水分も欠乏して、手や指の皮膚が荒れるようになるからです。コロナ時代になり、手洗いやアルコール消毒の機会が増え、そのため、手湿疹も増えているようです。

また気温が低くなる冬は、汗や皮脂の分泌が低下します。そのため、皮膚が乾燥し、手湿疹になりやすいといわれています。だから、今の季節は特に注意が必要なのです。

治療に際しては、皮膚の炎症を抑える外用剤をはじめ、かゆみが強い場合はかゆみを抑える内服薬などが処方されると思います。

手湿疹は予防が一番…保湿クリームは必需品?

手湿疹をはじめ手荒れが気になる人は予防に力を入れましょう。

/器洗いにはゴム手袋着用を

 ゴムアレルギーではない人はゴム手袋などを着用して、水仕事をするといいかもしれません。

∪剤などは適量に

 刺激の高い洗剤などは避け、洗剤や石鹸を使用する場合は必要以上に使わないことです。

水分は拭き取ること

 手洗いの後や水仕事の後、手の水分はしっかり拭き取るようにしましょう。

な歇哨リームでケア

 水仕事の後は、ハンドクリームや保湿クリームなどを塗り、手のケアもしっかりと行いたいものですね。

◆尾原 徹司 東京医科大学卒業。東京女子医科大学消化器病センターを経て、神戸鐘紡病院消化器科に赴任。昭和57(1982)年に独立し、医療法人社団つかさ会「尾原病院」(神戸市須磨区妙法寺荒打/神戸市営地下鉄西神山手線妙法寺駅徒歩3分)院長に。

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 主婦湿疹の主婦にさえ噛み付くの…
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(21件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定