「とけるまでかわいがってね」 本気の“雪だるま”にお願いを添えていたけど…… 悲しい結末に「酷いです」「う〜ん残念」

14

2023年02月04日 12:18  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

おとなたちのほんき

 「さわらないで とけるまでかわいがってね」。きれいな雪だるまに添えられた子どもたちへのお願いに、「こういうのホントに大好き」「雪だるまかわいいです」と反響が寄せられていましたが……。その後に、とても悲しい出来事が起きてしまいました。



【画像】その後の雪だるまの運命



 Twitterに写真を投稿したのは、茨城県水戸市にある飲食店「夜カフェ ORIGAMi」を経営しているひかるさん。店頭に三段式の雪だるまが飾られていて、その隣に「おとなたちのほんきのゆきだるまだから さわらないで とけるまでかわいがってね」とお願いが書かれています。



 島国生まれのひかるさんにとって、人生はじめての雪だるま作りだったのだそうです。「大人の本気」を確かに感じるきれいな雪だるま!



 少しでも長生きしてほしいと願いますが、誕生から1日と23時間で鼻を消失。3日と11時間で、なんと何者かに蹴られてしまったのだそうで、頭部が下に落ちてしまいました。この結末は悲しすぎる……。



 リプライ欄には「こいつからはものすごいほんきを感じる」「オシャレな雪だるま」「本気の雪だるま…。なんか勇気をもらえた気がした」といった雪だるまへの称賛や、壊されてしまったことについて「酷いです」「う〜ん……残念」といった悲しみの声が寄せられています。



画像提供:ひかるさん


このニュースに関するつぶやき

  • 仏像蹴って動画撮ることが出来る国民性。雪だるま位、何も感じないだろう。人情はもはや無い。残念だよね��可愛がっていたこどもちゃん達も悲しかろう。
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定