公式戦3戦連発の三笘薫、“得意ではない”ヘディングでの決勝弾に「自分でも驚いています」

39

2023年02月05日 06:23  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

三笘が3試合連続ゴールでブライトンを勝利へ導く [写真]=Getty Images
 プレミアリーグ第22節が4日に行われ、ブライトンがボーンマスを1−0で下した。試合後、決勝ゴールを決めたブライトンの日本代表MF三笘薫が英語でプレミアリーグのインタビューに応じた。

 試合は序盤から拮抗した展開となるも、徐々にブライトンが相手陣内に押し込む展開に。それでもなかなかゴールネットは揺れず、このままスコアレスで試合終了かと思われた87分、絶好調の選手が“魅せた”。左サイドでボールを受けたエクアドル代表MFジェレミー・サルミエントが右足でクロスボールを送ると、ペナルティエリア内ニアサイドの位置にポジションを取っていた三笘が、少々後ろへ下がりながらヘディングシュート。しっかりとミートした一撃はボーンマスのGKネトの手に当たってゴールに吸い込まれ、ブライトンが土壇場で先制に成功した。試合はこのままタイムアップ。1月21日に行われた前節のレスター戦、同29日に開催されたFAカップ4回戦のリヴァプール戦に続く三笘の公式戦3試合連続ゴールで、ブライトンが公式戦2連勝を飾った。

 試合後、三笘はインタビューにてゴールシーンを振り返り、「ヘディングは決して得意ではないので、自分でも驚いています。勝ち点3が取れてハッピーです」とコメント。一方でチーム全体のパフォーマンスには向上の余地があるとも話している。

「(チームのパフォーマンスは)試合開始から決して良くはなかったです。技術的、戦術的なミスも多かったと思います。けれども、重要なことは勝ち点『3』を取ったことです。次の試合に向けて準備しないといけません」

 また、「結果には満足しています」と苦しみながらも白星を飾ったことを評価。その上で、「僕たちはもっと改善すべきことがありますし、もっとやらないといけません。けれども今はハッピーです」と語っている。自身のゴールシーンについて詳細を聞かれると、「ジェレミーからのボールが来ることを信じていました。実際に非常に良いボールが来て、ボールにミートすることだけに集中できました」と述べた。

 今季のプレミアリーグは消化試合数に若干のばらつきがあり、ブライトンは現在暫定6位。現時点で5位のトッテナムとは勝ち点差「2」、4位のニューカッスルとは勝ち点差「6」となっているが、両チームと比較してブライトンは消化試合数が1試合少ない。今後はチャンピオンズリーグ出場圏内である4位以内も十分に狙える位置につけている。三笘は現在のチーム状況について「正確な順位は覚えていないのですが、今のところは素晴らしいシーズンを過ごせていると思います」と話すと、「この調子を続けていかないといけないですし、次の試合ももちろん難しいものです。しっかりと準備していきます」と気を引き締めた。

このニュースに関するつぶやき

  • シティ、マンユ、アーセナルと相手構わずに得点できたらビッククラブ移籍は現実的になるね
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(18件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定