あす6日(月)明け方はマイクロムーン 2023年で地球から最も遠い満月

175

2023年02月05日 11:33  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

あす6日(月)明け方はマイクロムーン 2023年で地球から最も遠い満月

あす2月6日(月)午前3時29分に満月になります。2023年の満月としては最も地球から遠い位置の満月となります。2023年で最も近い満月は8月31日で、比較すると、今回の満月は視直径が約12パーセント小さくなります。



●あす2月6日(月)明け方はマイクロムーン


年間で最も大きく見える満月のことをスーパームーンと呼びますが、逆に年間で最も小さく見える満月のことをマイクロムーンなどとも呼ぶことがあります。あす2月6日(月)午前3時29分に満月となります。2023年の満月としては地球から最も遠い満月となり、マイクロムーンになります。国立天文台によりますと、今年最も地球に近い満月は8月31日で、今回の満月は8月31日の満月に比べると視直径が約12パーセント小さく、面積は約22パーセント少なくなります。(トップ画面は国立天文台の情報を引用し作成)実際に月を二つ並べて比較することはできないため、大きさや明るさの違いに気づくのは難しいかもしれませんが、今回の満月はなんとなくいつもの満月より控えめな感じがするかもしれません。なお、満月には英語圏で様々な呼び名があり、2月の満月は、寒さが厳しく大地の多くが雪に覆われる頃などから「スノームーン」と呼ばれます。このような呼び名を思い出しながら、月を眺めてみるのも良さそうです。【参考サイト】The Old Farmer's Almanac AstroArts


●天気は?


きょう5日(日)の夜からあす6日(月)明け方の天気は、北海道と東北北部は雲に覆われ、雪が降るでしょう。東北南部や北陸は多少雲のかかる所はありますが、晴れる所が多くなりそうです。関東から九州は広く晴れて、満月を見られるでしょう。沖縄は雲に覆われ、雨が降り、あいにくの天気となりそうです。夜間は一段と冷え込みますので、しっかりと寒さ対策をして、観察してください。


このニュースに関するつぶやき

  • 楽しみ\(//∇//)\
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(79件)

ニュース設定