南岸低気圧が次々と通過 10日(金)は東京など関東の平野部でも雪の可能性

226

2023年02月05日 17:57  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

南岸低気圧が次々と通過 10日(金)は東京など関東の平野部でも雪の可能性

この先、南岸低気圧の動向に注意が必要です。7日(火)頃と10日(金)から11日(土)にかけて南岸低気圧の影響で広く天気が崩れるでしょう。10日(金)は関東の平野部でも雪が降り、積雪の可能性もあります。



●7日(火)は九州で激しい雨の降る所も 東北は雪の可能性


この先、南岸低気圧が度々通過するでしょう。まず、注意が必要なのが7日(火)です。7日(火)は前線を伴った低気圧が九州付近を通過し、本州の南を進むでしょう。暖かく湿った空気が流れ込むため、九州南部では雷を伴った激しい雨の降る所がありそうです。四国から関東も雨が降り、沿岸部を中心に本降りの雨となるでしょう。東北は気温の下がる夜間に降水があり、太平洋側の平地でも雪が降り、積雪となる所がありそうです。車の運転は路面状況の変化に注意が必要です。


●10日(金)〜11日(土)関東甲信の平野部でも積雪の可能性


次に注意が必要なのが、10日(金)から11日(土)にかけてです。前線を伴った低気圧が10日(金)は西日本の南岸付近を進み、11日(土)は東日本の南から日本の東へ進むでしょう。九州から東北にかけて広く天気が崩れる見込みです。九州から東海にかけては雨となる所が多いですが、山沿いを中心に雪となる所があるでしょう。太平洋側沿岸部を中心にこの時期としては降水量が多くなりそうです。関東甲信は今のところ、10日(金)朝から11日(土)の朝にかけて平野部でも雪となり、東京都内でも積雪となる可能性があります。千葉県や茨城県など沿岸部は雨となる所が多い予想ですが、低気圧のコースや発達具合、寒気の強さによっては雪のエリアが変わる可能性がありますので、最新の情報にご注意ください。東北の太平洋側でも広く雪が降り、積雪が急に多くなる恐れがあります。


●南岸低気圧の進路 関東の天気はどう変わる?


関東の天気は、南側の沿岸部を進む「南岸低気圧」の進路次第で、大きく変わります。パターンは3つ挙げられます。
南岸低気圧が八丈島の北を進む場合、関東には低気圧の降水域がかかり、暖かい空気も流れ込みます。そのため降るものが雪ではなく、雨になりやすくなります。
南岸低気圧が八丈島の少し南を進む場合、関東には降水域がかかる一方、北から冷たい空気を引き込みます。そのため雪が降りやすく、時には大雪になります。
南岸低気圧が八丈島の南を進む場合、降水域そのものが、関東の陸地まで届かず、雪も雨も降らないことが多くなります。ただ、冷たい空気が南下するため、関東では、雲が広がりやすくなります。南岸低気圧の進路と八丈島の位置関係は、関東の雪を予報する目安の一つではありますが、決め手はこれだけではありません。関東で大雪になるかどうかは、低気圧の発達度合い、進む速度、気温の低下、湿った空気の流れ込みなどで変わります。,里茲Δ鳳でも、降り方が強まると、周囲の空気が冷やされて雪に変わることもあります。関東では、普段、雪にあまり慣れていないため、最新の天気予報などをこまめに確認し、雪が予想される場合は、早めの対策を心がけてください。


このニュースに関するつぶやき

  • さ、警告出したぞ。出歩く奴らは自己責任な。間違っても公共交通機関のせいにするなよ。
    • イイネ!24
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(106件)

ニュース設定