映画『鬼滅の刃』公開3日間で興収11億円突破

285

2023年02月06日 13:01  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』のキービジュアル (C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable
 アニメ『鬼滅の刃』の劇場作品『ワールドツアー上映「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』(3日公開)の興収情報が6日、公式ツイッターで発表された。公開3日間で観客動員81万3422人、興行収入11億5876万5410円を記録した。

【動画】ひえっ…怖すぎる!上弦の鬼たち キャラボイス聴ける『鬼滅の刃』新映像

 ツイッターでは「『「鬼滅の刃」上弦集結、そして刀鍛冶の里へ』、公開3日間で観客動員 81万3422人(興行収入 11億5876万5410円)と大変多くの方にご覧いただき、心より御礼申し上げます。お一人おひとりにお楽しみいただけていれば幸いです。尚、以降の興行成績は、興行通信社からの発表等にてご確認ください」と報告した。

 ワールドツアーは4月より放送がスタートするテレビアニメ第3期『鬼滅の刃 刀鍛冶の里編』を盛り上げるための企画。激闘を繰り広げたアクションシーンと心を揺さぶる物語が話題となったアニメ第2期『遊郭編』の第10話、第11話と、新エピソードで世界初公開となるアニメ第3期『刀鍛冶の里編』の第1話から構成され、日本を皮切りに世界95の国と地域の映画館で順次上映するというもの。

 日本では公開日の3日よりIMAXでの同時公開が決定すると共に、全国418館(通常版:377館+IMAX版:41館)にて上映し、世界各地を巡る舞台あいさつも実施される。

 『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた同名漫画が原作で、コミックス累計1億5000万部を突破する人気作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、家族を鬼に殺された少年・竈門炭治郎が、鬼になった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために<鬼殺隊>へ入隊し、旅に出る物語。

 2019年4月から9月にかけてテレビアニメ第1期が放送され、人気に火が付き社会現象化。アニメの最終話からつながる映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が2020年10月に公開され国内の興行収入400億円を突破する大ヒットとなり、2021年12月から映画の続きを描くテレビアニメ第2期「遊郭編」が放送。そして、第2期の続き第3期「刀鍛冶の里編」が2023年4月より放送される。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • 2/3はテレビで同じ内容やってるんよ?それでもこの収入いくのはやっぱ異次元。
    • イイネ!54
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(149件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定