キンプリ高橋海人がオードリー若林・SixTONES森本慎太郎が南キャン山里役に 実話基づくドラマで主演

47

2023年02月07日 05:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『だが、情熱はある』に出演する若林正恭(左端)役の、高橋海人(左から2番目)、山里亮太(右端)役の森本慎太郎(右から2番目) (C)日本テレビ
 人気グループ・King & Princeの高橋海人(※高=はしごだか)とSixTONESの森本慎太郎が、4月スタートの日本テレビ系連続ドラマ『だが、情熱はある』(毎週日曜 後10:30)でW主演することが決定した。オードリー・若林正恭と南海キャンディーズ・山里亮太の2人の半生を描く、実話に基づいた作品で高橋が若林、森本が山里を演じる。

【動画】Creepy Nuts、山里亮太&若林正恭『たりないふたり』への熱い思い

 若林と山里はそれぞれ10代の頃からお笑い芸人を目指すも、なかなか日の目を見ず不遇の時代を過ごす。しかし努力の末、『M-1』準優勝となりブレイク。オードリー、南海キャンディーズは誰もが知る人気お笑いコンビとなるのだが、若林、山里、ふたりともに売れたことによる周囲の変化や「仕事」への疑問、ネガティブな思い。「相方の方ばかり売れていく」「じゃない方」といった嫉妬(しっと)や妬(ねた)み。そんな負の感情の中でもがいていた。

 そんな折、ふたりは出会うことになる。そしてお互いを知るうちに「負の感情を笑いにしよう」と、それぞれのコンプレックスを生かした漫才やコントを披露するユニット「たりないふたり」を結成。活動を始めた。2021年5月31日の無観客配信ライブをもってその活動も幕を閉じたが、5万5000人超えの観客を集めお笑いライブの生配信としては歴代の最高記録を打ち立てた…。

 若林と山里は、自分たちの半生がドラマ化されることは知っていたものの、誰が演じるかはまったく知らず、山里がゲスト出演していた同局『午前0時の森』の収録直後のスタジオに、高橋と森本がサプライズで登場。「若林正恭役を演じます高橋海人と申します」、「山里さんを演じさせてもらいます森本慎太郎と申します」という突然の発表とあいさつには、ただただ驚き、笑うしかない状況に。

 山里は「ぽっちゃりのおかっぱが来るかと思っていた」、若林も「自分より3歳くらい年下の個性派俳優さんが演じると思っていたので、まさかジャニーズのお2人に演じてもらえるとは…」とキャスティングにあ然。さらに「俺たちの人生じゃなくて、(高橋と森本の)2人の人生をやりなよ」と笑いを誘った。その他、若林と山里を取り巻く魅力的な家族や仲間も続々と登場する。気になるそれぞれの相方役などは、追って発表となる。

■キャスト・スタッフコメント

▼高橋海人(King & Prince)

今回のドラマには、若林さんと山里さんの2人がどんな青春を送ったのかが、たくさん詰まっています。僕は若林さんを演じさせていただくのですが、今回作品に出演させていただくにあたって若林さんへの印象が、ガラっと変わりました。
今までは頼りがいのあるMCのイメージでしたが、過去の話を知ってからは、色々な面で自意識過剰で、色々なことを気にして八方ふさがりになってしまうことが多い方なんだと。実は自分も意外と似たような面があったのでとても共感できました。自分も気にして考え込んで周りの人に心配されることがよくあります。若林さんのエッセイを読んで共感できるところに折り目をつけていたのですが、半分以上に折り目がついてしまいました(笑)
その共感できる部分を生かして頑張りたいと思います。若林さんと山里さんのすごく長くて情熱的な青春を、みなさんと一緒に“追体験”していけたらと思います。
丁寧に頑張りたいと思います。

▼森本慎太郎(SixTONES)

僕が演じる山里さんと言えば、『スッキリ』の天の声さんですよね。朝のお茶の間に、笑いと1日の活力を届けているイメージがあったのですが、ふたを開けて山里さんのことを、色々調べていくと、僕はまったく共感ができませんでした(笑)
山里さんが若い頃に書いたノートがあって、それに悪口や自分のされてきたことを記録しているのですが、嫉妬だったり色々な負の感情が一冊にきゅっと詰まっています。
でも今の山里さんがあるのは、過去の山里さんがあってこそで、より山里さんを好きになれる一歩だと思うとすごく楽しみです。
今、テレビの世界で見る山里さんと若林さんはすごくキラキラしていて、成功者のイメージがすごく強いけど、その裏ではいろんな経験をされていて、知れば知るほど出てくる魅力がたくさんあると思います。何よりおふたりってちょっとネガティブですが、根本にあるお笑いに対しての好きな気持ちだったり、芯っていうものがしっかり通っていて、その根源にあるものを映像を通してお伝えできたらと思います。
ぜひ、このドラマを通してそこを見ていただけたらと思います。


■日本テレビ河野英裕プロデューサーコメント

高橋海人さんと森本慎太郎さん。最高なふたりです。最高な俳優です。
そんなふたりがオードリー若林さん、南海キャンディーズ山里さんという最高の芸人を演じる。こんな最高な出来事が実現しました。
この物語は、みじめでも情けなくても、負けてばかりかもしれないけれど、だが情熱はある、と自分なりのやり方で前に進んでいく青春ドラマです。
高橋さんのやり方で、森本さんが思うように。
ふたりが自由に演じてくれれば最高なドラマが出来上がると思っています。

■あらすじ

2021年5月31日。世にコロナウイルスがまん延する中、若林正恭(高橋)と山里亮太(森本)は、無観客配信ライブのステージに立とうとしていた。それぞれ『オードリー』『南海キャンディーズ』として活動しながらも、コンプレックスを抱える者同士で新しいネタを見せようと結成した漫才コンビ『たりないふたり』。今日はその解散ライブだ。

2人が居酒屋で初めて顔を合わせたのは、それより12年も前のことだ。入店して10分以上たつのに、お互いメニューを見たままなにも話さない。というか話せない。このとき若林は思っていた…「初めての会話は慎重にいかないと」。そんなふうに自意識過剰で人見知りな性格になってしまったのは、5歳の頃、ある人物から掛けられた『呪いの言葉』のせいだ。一方、山里は思っていた…「そっちが話し始めるまで口開かねえからな」。山里が勝手に被害妄想を膨らませて攻撃的になってしまうのは、小学生の頃から母が唱え続けている『呪文』のせいだ。2人とも幼い頃に確立されたそのねじ曲がった性格ゆえに、人と関わることが極端に苦手…。そんな2人が、そもそもどうしてお笑い芸人になったのか…。それは、お互い高校時代に経験した、ある事件がきっかけだった――。

自分が何者かわからない、でも何者かになりたい…。極度に人見知りな超ネガティブ男と、被害妄想と嫉妬に狂う男が、いばらの道をもがき苦しみながら突き進む。道に迷うすべての人に送る、青春サバイバルストーリーが幕を開ける。

このニュースに関するつぶやき

  • ヴィジュアルが実話に基づく気が無いw
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(23件)

ニュース設定