アメリカがキューバに大勝で決勝進出!準々決勝で劇的満塁弾のターナーが2発4打点

102

2023年03月20日 11:41  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

2試合連続で本塁打を放ったT.ターナー
◆ 2023 WORLD BASEBAL CLASSIC™
○ アメリカ 14 − 2 キューバ ●
<準決勝 ローンデポ・パーク>

 『2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™』の準決勝が現地時間19日(日本時間20日)にフロリダ州マイアミのローンデポ・パークで行われ、アメリカがキューバに大勝。2大会連続の優勝に向けて、一番乗りで決勝進出を決めた。


 アメリカは初回、先発A.ウェインライトがキューバ打線につかまり、無死満塁からA.デスパイネに四球を与えて押し出し。早々に1点を失ってしまう。

 それでも、残った無死満塁の大ピンチは内野ゴロ・内野フライ・内野ゴロで追加点は許さず。最少失点でしのぐと、以降はアメリカのショータイムがはじまる。

 直後の1回裏にP.ゴールドシュミットが2ランを放って試合をひっくり返すと、2回には前日の準々決勝・ベネズエラ戦でチームを救う逆転満塁弾を放ったT.ターナーがレフトへ一発。2試合連続弾で3−1とリードを拡大した。

 3回もP.アロンソの適時打などで2点を加え、4回はN.アレナドの適時三塁打などでまた2点。5回もゴールドシュミットの適時打で2点と着実に得点を重ねていく。

 極めつけは6回、一死一・二塁からT.ターナーがレフトスタンドに叩き込むこの日2本目のアーチ。この3ランにより、ターナーは2日続けての4打点ということになった。


 毎回得点は6回までで途切れたものの、守っても先発のウェインライトが4回1失点と粘りの投球を見せると、5回から登板した2番手のM.マイコラスも8回までの4イニングを1失点。大量援護にも集中を切らすことなく、2人でしっかりと試合を作っていく。

 8回裏にも途中出場のC.マリンズが本塁打を放ち、14−2で最終回へ。12点リードの9回はA.ループが危なげなく締め、そのまま試合終了を迎えた。

 キューバ投手陣の10四死球にもつけこみ、終わってみれば14安打で14得点の猛攻。アメリカが大勝で大会連覇に弾みをつけた。

 準決勝のもう1試合はあす、日本時間21日に実施。日本−メキシコの勝者が、アメリカとの決勝戦へと駒を進める。




【動画】“恐怖の9番”がまた躍動!T.ターナーの3ラン
🏟フロリダ📡

アメリカ🇺🇸 − キューバ🇨🇺(6回裏)
🇨🇺|100 010
🇺🇸|212 223

✅ きのうはひと振りで4打点、今日は2発4打点!T.ターナーが止まらない🔥#WorldBaseballClassic

🎦 @MLBONFOX pic.twitter.com/i4SGZ4PooN— ベースボールキング⚾🥎 (@BaseballkingJP) March 20, 2023

このニュースに関するつぶやき

  • やっぱファイナルはアメリカに…なりますよね…
    • イイネ!4
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(54件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定