侍ジャパン、米国破り王座奪還 若き投手陣が魂の継投、最後はダル&大谷締め

211

2023年03月22日 11:54  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

WBC制覇を達成しマウンド上で歓喜の輪を作る侍ジャパンの選手たち
◆ 2023 WORLD BASEBAL CLASSIC™
○ 日本 3 − 2 アメリカ ●
<決勝 ローンデポ・パーク>

 野球日本代表・侍ジャパンが21日(日本時間22日)、アメリカとの『2023 WORLD BASEBALL CLASSIC™』決勝戦に1点差で勝利。スター選手を揃えたアメリカとの“日米頂上決戦”を制し、3大会ぶりにWBC王者となった。

 打線は先制された直後の2回裏、先頭の5番・村上(ヤクルト)が特大の右越えソロを放ち同点。その後も一死満塁の好機を作り、1番・ヌートバー(カージナルス)の一ゴロの間に三走・岡本(巨人)が逆転のホームを踏んだ。1点リードの4回は6番・岡本が今大会2号ソロを左翼席へ運び3点目。セ・リーグの顔である左右の大砲ふたりが最高の舞台でNPB仕込みのパワーを見せつけた。

 先発の今永(DeNA)は2回、一死から6番・ターナー(フィリーズ)に左越えのソロ被弾。先制を許したあとも二死一、二塁のピンチを招いたが、最後は1番・ベッツ(ドジャース)を左飛に仕留め2回4安打1失点で降板した。

 3回からは戸郷(巨人)が登板。最初のイニングは二死から連続四球で一、二塁のピンチを招いたが、最後は先制アーチを放っているターナーを低めのフォークで空振り三振斬り。2イニング目の4回はテンポ良く3者凡退で終え後続にバトンを渡した。

 2点リードの5回からは盒狭─蔽翔)、伊藤(日本ハム)、大勢(巨人)が1イニングずつ無失点リレー。8回にダルビッシュ(パドレス)がソロ本塁打を浴びたが、1点リードの9回は「3番・指名打者」で出場していた大谷(エンゼルス)が、DH枠を解除しメジャー挑戦後初の救援登板。先頭打者を四球で歩かせたが、続くベッツを二ゴロ併殺。最後はエンゼルでチームメイトの2番・トラウトを空振り三振に仕留め、マウンド上で歓喜の輪を作った。

 侍ジャパンのWBC制覇は、連覇を達成した2009年の第2回大会以来、14年ぶり3度目。スター選手を揃えたアメリカの連覇を阻止し“野球世界一”の座を奪還した。

【動画】最後も劇的決着!大谷がトラウト斬り歓喜の世界一

このニュースに関するつぶやき

  • こりゃ花見も春休みも盛り上がるし2023幸先良いね🥺���Ԥ��Ԥ��ʿ�������
    • イイネ!40
    • コメント 8件

つぶやき一覧へ(124件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定