スターバックスが繰り返し使える店内グラスを全国導入、約1500店舗で提供

21

2023年03月27日 11:42  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真
 スターバックス コーヒー ジャパンが、フラペチーノ®などアイスビバレッジの店内利用時の樹脂製グラスでの提供を、全国約1500店舗でスタートする。開始日は3月27日。

 店内グラス提供は、廃棄物削減を目指す取り組みとして2022年4月に東京・渋谷エリア、大阪、愛知、福岡などの106店舗で試験導入。今年2月に東京・丸の内、銀座エリア、京都、静岡の100店舗を追加した。今回の全国導入により、年間約100トンの廃棄物削減を見込めるという。グラスは樹脂製で、ショートとトール、グランデとベンティに対応する2サイズをラインナップする。
 同社の廃棄物削減のための取り組みではそのほか、1店舗あたり1日約15キロ出る抽出後の豆かすをたい肥や飼料にリサイクルし、育てられた野菜やミルクを店舗で使用する循環の仕組み「豆かすリサイクル」や、リユーザブルストローの販売などが行われている。

■スターバックス コーヒー ジャパン:公式サイト

このニュースに関するつぶやき

  • いまさらって感じもするけど、昨年代えた紙カップが不評だったのかもね。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(15件)

ランキングトレンド

ニュース設定