マンガ大賞2023は『これ描いて死ね』に決定 高校の漫画研究会が舞台の創作青春劇

170

2023年03月27日 15:13  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

『マンガ大賞2023』大賞を受賞した『これ描いて死ね』コミックス第1巻
 書店員を中心とした各界の漫画好き選考員が「今、この瞬間一番薦めたいマンガ」を選ぶ『マンガ大賞2023』の授賞式が27日、都内で開催され、『これ描いて死ね』(作者:とよ田みのる)が大賞に選ばれた。大賞を受賞し、とよ田氏は「なぜ僕が?という気持ちです」と驚きつつも「漫画家人生が今年で20年目なので、やっとかという気持ちです」と安堵していた。

【画像】どんな漫画?高校の漫画研究会が舞台 『これ描いて死ね』第1話の数ページ

 『ゲッサン』(小学館)で2021年11月より連載中の同作は、東京から120km南にある伊豆王島に住む、漫画が大好きな高校1年生・安海相が主人公で、長年活動休止状態の憧れの漫画家が同人誌即売会に出展することを知り、向かった会場での思わぬ出会いが相の人生を変えるストーリー。漫画を”つくる”ことを意識し始め、高校の漫画研究会を舞台に、作品を生み出す苦しみや歓びを描いた創作青春劇となっている。

 漫画家にはどうやったらなれるのか?知っているようで知らない漫画創作の世界へ踏み出していく少女の物語で、現役漫画家や漫画ファンから「漫画を描きたくなる漫画」「創作に携わるすべての人におすすめしたい」などと注目が集まり、「このマンガがすごい!2023」オトコ編で第6位を獲得している。

 作品誕生秘話について、とよ田氏は「タイトルは連載前に鼓舞するというか、叱咤激励のような意味を込めて決めました。そのフレーズ(これ描いて死ね)を見て、今回の漫画にピッタリだなと思い、いつも自分自身に言っている言葉でしたので、このタイトルにしようと思いました」と打ち明けた。

 作品は漫画家の様子が描かれているが、「先生と絡むパートは実話です(笑)漫画家は神様だと思っていたのですが、お会いした時『人間だ!』と感じたこと。あとは、あの時、死にそうだったな…という気持ちを載せています」とし、「最初は楽しい部活ものにしようと思いました。前作は自分が好き放題描いて『やり切ったぞ!』という気持ちで、次は人のための漫画を描こうと思いました」と漫画創作に興味がある人に向けて描いたことを伝えた。

 また、「小学3年生の子どもがいるいるのですが、第1巻に登場するキャラクターが、初めて絵物語のような描くところは、娘が描いていた漫画をパクッて描きました(笑) それで『マンガ大賞を獲ったよと!』と伝えたら悔しがっていて…『このことは、公の場でちゃんと言うから許してね!』と伝えて、きょうお伝えすることができました」と笑いを誘った。

 さらに、奥さんは漫画家経験あることから「天才漫画家のキャラクターは、天才でしか描けない漫画ということで、奥さんに任せています」と話し、家族全員で作品に取り組んでいると伝えた。

 『マンガ大賞』は2008年に創設され今年16回目。昨年1年間(2022年1月1日〜12月31日)に新刊の単行本が発売された作品のうち、最大巻数が8巻までの作品が選考対象。一選考員が「人にぜひ薦めたいと思う作品を5作品」を選出し、得票数上位11作品(同率順位含む)をノミネートした。

 なお、第1次選考は102人の選考員から242作品への投票があり、今年1月にノミネート作品11作品が発表された。第2次選考は、選考員が全ノミネート作品を読んだ上で2次選考を行い、1、2、3位を選定し、ポイント制で集計の上、1作品を「マンガ大賞」に選出した。

 これまでの同賞受賞作やノミネート作は、アニメ化のほか数多くドラマや映画化されている。2008年の第1回大賞『岳』(石塚真一、小学館)は小栗旬主演で映画化し、第3回の『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ)も阿部寛主演で同じく映画化。また、2012年大賞の『銀の匙』(荒川弘)はフジテレビ系の深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化&Sexy Zone・中島健人主演で実写映画化し、2017年大賞の『響〜小説家になる方法〜』(柳本光晴)は、平手友梨奈主演で映画化された。

■『マンガ大賞2023』ノミネート作品
・『あかね噺』馬上鷹将、末永裕樹
・『女の園の星』和山やま
・『劇光仮面』山口貴由
・『これ描いて死ね』とよ田みのる
・『さよなら絵梨』藤本タツキ
・『スーパーの裏でヤニ吸うふたり』地主
・『正反対な君と僕』阿賀沢紅茶
・『タコピーの原罪』タイザン5
・『天幕のジャードゥーガル』トマトスープ
・『日本三國』松木いっか
・『光が死んだ夏』モクモクれん

■歴代大賞作品
第1回(2008年):『岳』石塚真一
第2回(2009年):『ちはやふる』末次由紀
第3回(2010年):『テルマエ・ロマエ』ヤマザキマリ
第4回(2011年):『3月のライオン』羽海野チカ
第5回(2012年):『銀の匙 Silver Spoon』荒川弘
第6回(2013年):『海街diary』吉田秋生
第7回(2014年):『乙嫁語り』森薫
第8回(2015年):『かくかくしかじか』東村アキコ
第9回(2016年):『ゴールデンカムイ』野田サトル
第10回(2017年):『響〜小説家になる方法〜』柳本光晴
第11回(2018年):『BEASTARS』板垣巴留
第12回(2019年):『彼方のアストラ』篠原健太
第13回(2020年):『ブルーピリオド』山口つばさ
第14回(2021年):『葬送のフリーレン』原作:山田鐘人、作画:アベツカサ
第15回(2022年):『ダーウィン事変』うめざわしゅん

このニュースに関するつぶやき

  • 改めて歴代見ると、安定のラインナップだね。
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(85件)

ランキングゲーム・アニメ

前日のランキングへ

オススメゲーム

ニュース設定