『映画刀剣乱舞-黎明-』特番公開 メイキング&インタビューで紡ぐ38分

3

2023年03月27日 19:42  cinemacafe.net

  • 限定公開( 3 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

cinemacafe.net

『映画刀剣乱舞-黎明-』©2023 「映画刀剣乱舞」製作委員会/NITRO PLUS・EXNOA LLC
今週末公開される、戦いの舞台を現代へと変えてスケールアップした『映画刀剣乱舞-黎明-』より、公開記念特番映像がYouTubeにて公開された。




今回の特番は、初公開の本編映像やメイキング、オフショット、インタビューなど盛りだくさんな内容。【刀剣男士、ストーリー、VFX、アクション、音】という5つのパートで構成され、約38分にもわたる大ボリューム。

初登場となる山姥切長義役の梅津瑞樹は、刀剣男士と仮の主について「三日月宗近と琴音、へし切長谷部と実弦、源氏兄弟(髭切、膝丸)と神職など個性豊か。描かれていないところでもお互い絆を深め合っていったんだろうな、というのをお芝居で感じられたり、仮の主と刀剣男士のバディ感を一つの形として映画で描かれるのはうれしい」と語る。

同じく初登場の髭切役・佐藤たかみちも「喜びが大きい分プレッシャーも大きかった。刀剣男士たちは美しくてキラキラしていて格好いいというのが僕の中であって、どう格好よく見せていくか自分なりに研究しながら撮影に挑みました」とコメント。

膝丸役・山本涼介も「膝丸のよさは兄者(髭切)思いなところ。ボケとツッコミじゃないですが、髭切がほんわかした人なので自由に動いてもらって、ふわっとしているところを膝丸が軌道修正するようなイメージ」とキャラクターについて話している。

本作最大の見どころは、三日月宗近と山姥切国広、山姥切長義の三つ巴のシーン。演じる鈴木拡樹、荒牧慶彦、梅津さんの3人が激しく立ち回る殺陣の稽古シーンも見逃せない。また、緻密な刀の効果音にも注目で、「それぞれの刀の振る音、抜く音などすべての刀で特徴的にしないとほかの刀との差別化ができない」と全て異なる音をつけているというこだわりよう。

さらには、「新しく参加した若い力の熱というのがこの作品にはこもっていると思う、そういったものを受け取ってもらえると嬉しい」(鈴木さん)、「一番大人なへし切長谷部をお見せできるんじゃないかなと思います。他の刀剣男士ももれなくかっこいいので楽しみにしていただければ」(和田さん)などとファンへメッセージを寄せている。

『映画刀剣乱舞-黎明-』は3月31日(金)より全国にて公開。




(cinemacafe.net)

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定