村田諒太「人生を充実させるためのツールだった」競技人生に感謝 室伏広治氏&那須川天心らも激励

55

2023年03月28日 13:25  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

引退会見に登場した(左から)那須川天心、村田諒太 (C)ORICON NewS inc.
 プロボクサーの村田諒太選手(37/帝拳)が28日、都内で引退会見を開催した。会見ではこれまでの競技人生、今後について語った。

【動画】室伏広治氏&那須川天心らも登場!村田諒太引退会見の模様

 村田選手は、中学3年でボクシングを始め、アマチュア時代には119勝19敗という戦績を積み重ねた。2012年のロンドン五輪では、1964年の東京五輪に出場した桜井孝雄さん以来、日本人2人目の金メダルを獲得。2013年8月にプロデビュー後、17年にはWBA世界ミドル級王座を奪取し、日本勢唯一となるアマ&プロでの世界一に。18年10月に王座陥落となったものの、19年7月に王座へ返り咲いた。

 昨年4月に開催された『IBF・WBA世界ミドル級王座統一戦』にて、IBF世界同級王者だったゲンナジー・ゴロフキン選手と戦い、TKOで敗北。今年2月の22年度年間優秀選手表彰式で「あの試合が僕の中では最後だと思っている。まだ発表できていないだけの話で、個人的にはそう思っています」などと事実上の現役引退を表明していた。

 登壇した村田選手は、はじめにファンやジム、スポンサーなどに向けて「みなさまのサポートのおかげで、このような人生を歩いてこられた」と感謝。競技人生を振り返り、「いろいろと思い出せるが、やっぱりデビュー戦が印象深い。デビュー戦で戦ってくれた柴田選手に感謝したい」と告白した。

 記者からの「ボクシングから何をもらったか?」という質問に対しては、「出会い」と断言し、「ボクシングを通していろいろな方に出会い、恩師、仲間ができた」としみじみ。続けて「ボクシングは目的ではなくてツールだった。人生を充実させるためのツールだったんじゃないかと思います」と力強く語った。

 一方で「ボクシング界には何も返せていない気がするし、『村田が残したものは?』と聞かれても、ないと思う」と伝える場面も。「物事は次々に移り変わるものだから、残るものではない」と続け、「ただ、(ボクシングの)長い歴史の中で、過去と今をつなぐ1つの要素にはなれたのかなと思う」と胸を張った。

 会見終盤、改めてファンへのメッセージを求められた村田は「言葉にならない」と時折声をつまらせながら、「あれだけ多くの方が足を運んで、お金を払って、試合を観てくださった。そういうみなさんがいないと試合が成り立たないので、自分の欲望というか、夢を実質的にサポートしてくれた。ファンの方々がいてこそのプロ生活だったのは事実。ただ、『ありがとうございます』という言葉に尽きます」と伝えた。

 その後、会場では関係者からのビデオメッセージが流れ、村田の目には涙も浮かぶ。そしてスポーツ庁長官の室伏広治氏や同ジムからのボクシングデビューを果たす那須川天心選手も駆けつけ、村田をねぎらった。


動画を別画面で再生する



このニュースに関するつぶやき

  • お疲れ様でした�ѥ��この後には‥🤔
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(28件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定