俳優・奈良岡朋子さん死去 93歳 劇団民藝代表

158

2023年03月29日 15:48  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

奈良岡朋子さん(2010年撮影) (C)ORICON NewS inc.
 劇団民藝代表で俳優・奈良岡朋子さんが、肺炎のため23日午後10時50分に東京都内の病院で死去した。93歳。同劇団の公式サイトで29日に発表された。葬儀は近親者のみで執り行われた。

【動画】奈良岡朋子さんが沢田研二の義母を演じた昨年公開の映画『土を喰らう十二ヵ月』

 同劇団の公式サイトにて「劇団民藝代表の俳優・奈良岡朋子(ならおか・ともこ、本名同じ)が、去る3月23日(木)22時50分、肺炎のため東京都内の病院で逝去いたしました。93歳でした。生前のご厚誼を深謝し、謹んでお知らせ致します」とした。

 「葬儀は近親者のみで3月26日(日)に執り行いました。喪主は姪(実兄の長女)で劇団民藝演出家の丹野郁弓(たんの・いくみ)。誠に勝手ながら、御香典、御供花の儀は辞退申し上げます。また、故人の遺志によりお別れの会等はおこないません」としている。

 また、4月5日まで期間限定で、約10分間のドキュメンタリー「ある女優・奈良岡朋子」(2022年製作)を劇団民藝YouTubeチャンネルで公開している。

 奈良岡さんは1929年12月1日生まれ、東京都出身。1948年に入団した。同年の『女子寮記』で初舞台を踏み、54年の『煉瓦女工』で初主役を務めた。映画では49年『痴人の愛』、52年『原爆の子』、65年『証人の椅子』、70年『どですかでん』などに出演。『釣りバカ日誌』シリーズでは三國連太郎さん演じる社長の妻・鈴木久江を演じた。一方、ドラマではNHK大河『天と地と』(69年)『春の坂道』(71年)に出演するなどしている。

 2005年に第60回記念芸術祭賞大賞(『ドライビング・ミス・デイジー』)、2006年に第5回朝日舞台芸術賞(『火山灰地』『ドライビング・ミス・デイジー』)、第47回毎日芸術賞(『火山灰地』『ドライビング・ミス・デイジー』)、2016年に第23回読売演劇大賞芸術栄誉賞など受賞多数。


このニュースに関するつぶやき

  • 美しく聡明で、ナレーションのお声なども知的で優しい。私が子供の頃からそんな役者さんと感じてた。もうお年ではあるけれど、惜しまれます。合掌。
    • イイネ!8
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(77件)

ニュース設定