一軍捕手4人体制の日本ハム 谷繁元信氏「無理に1人作る必要はない」

2

2023年03月31日 09:10  ベースボールキング

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

日本ハム・宇佐見真吾 (C) Kyodo News
 30日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイタースペシャル 日本ハム−楽天戦』で解説を務めた谷繁元信氏が、日本ハムの捕手事情について語った。

 日本ハムは開幕一軍登録の捕手が伏見寅威、宇佐見真吾、清水優心、A.マルティネスの4人が登録。この日は宇佐見が先発マスクを被り、マルティネスが指名打者で出場した。

 谷繁氏は日本ハムの捕手について「1人で1年間いくということはないと思うんですね。(伏見、宇佐見、清水の)3人で切磋琢磨しながら、チーム力を上げていくと考えたほうが得策じゃないかなと思います。別に無理に1人作る必要はないと思うんですよ」と自身の見解を述べた。

 また、谷繁氏は試合中、「宇佐見のキャッチングが上手くなったんですよ」と評価。1−3の7回に二塁盗塁を試みた山剛の盗塁を刺すと、「ナイススローですね」と絶賛し、「キャッチングが良くなると、スローイングも良くなるんですよ。捕れるから右手に渡せるようになっていく。キャッチングは本当に大事なんですよね」と話していた。

(ニッポン放送ショウアップナイター)
    ニュース設定