『春のパンまつり』に「必要な点数が上がってる」「運営が厳しい?」と心配の声、本社が明かした内部事情

227

2023年04月01日 07:00  週刊女性PRIME

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

週刊女性PRIME

松たか子がイメージキャラクターを務める『春のパンまつり』(公式HPより)

《今年もこの季節が来たか》

 SNSでささやかれているのは、卒業式や入学式……ではなく、2月1日から4月30日までの約3か月間にわたって開催されている、山崎製パンのキャンペーン『春のパンまつり』だ。

「松たか子さんがイメージキャラクターを務めている『パンまつり』は、今年で43回目を数えます。山崎製パンの一部の商品についているシールを一定の点数分集めて応募すれば、もれなく全員に白いお皿がもらえるというキャンペーンです。毎春の楽しみにしている人も多く、この季節になると、スーパーやコンビニではパンの売り上げが上がるといいます」(グルメライター)

「運営が厳しいのかな…」嘆く声

 いまや春の風物詩ともいえる一大イベントになっているが、ここ数年でとある“異変”が起きているという。

年々、お皿の引き換えに必要な点数が上がっているんです……。たとえば'20年であれば25点分集めればよかったところを、‘21年と'22年は28点。今年に至っては30点も必要になっています。たった5点と思うかもしれませんが、パン1つにつき0・5点しかもらえない商品もあるので、選ぶパンによっては、単純に'20年より10個も多くパンを買う必要があるんです」(『パンまつり』ファンの主婦)

 また、SNSでは、

《最近はもらえるお皿が小さくなってるけど、運営が厳しいのかな……》

 と嘆く声もある。

 点数が年々上がっているのは、やはり昨今の物価の上昇に伴うものなのか。山崎製パンに問い合わせてみると、こんな事情を教えてくれた。

点数が変動している理由は、白いお皿の価格の違いなんです。今年のお皿は、昨年と比べてサイズが大きくなっています。また、為替相場の影響や原材料費、輸送費などの高騰により、価格が高くなっています

 ほかにも、法律の関係もあるそうだ。

取引価格に応じて景品の限度額が定められる

景品表示法では、“過大な景品類の提供”が禁止されています。お客さまにもれなく景品をプレゼントする行為は、“総付景品”“ベタ付け景品”などと呼ばれており、取引価格に応じて、提供できる景品の限度額が定められています。このため、景品のお皿の価格が高くなると、交換に必要な“点数”を集めるための金額も、高く設定せざるを得ないという事情があるんです」(山崎製パン広報部、以下同)

 そういった事情なら、来年以降も点数は上がり続けてしまう?

お皿は毎年、いくつかのデザイン案の中から、その時々のトレンドなどを踏まえ、モニターさまの意見もいただきながら、サイズや使い勝手を考慮して決定しています。そのため、採用するデザインや原材料費などの諸経費によりお皿の価格が上下するため、必要な点数もそれに応じて上下します

 とのこと。一部で“運営が厳しいのでは”と言われていることについては、こんなメッセージをくれた。

「1981年のスタート以来、お客さまから大変ご好評をいただいており、おかげさまで、今年で43回目を迎える長寿キャンペーンとなりました。多くのお客さまに長く愛されていることの現れだと思いますので、引き続き、みなさまへ喜んでいただけるよう努力をしていきます」

 毎年恒例の“パンまつり”がこれからも続きますように!

このニュースに関するつぶやき

  • ただでさえパン価格高騰な上に今年は28点から30点に。シール対象商品の減少となかなか厳しい(´Д` )
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(118件)

ニュース設定