“二代目橋幸夫”合格者4人決定 約1000人の応募から選出&グループ構想で7月デビュー目指す

25

2023年04月01日 17:11  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

(左から)川岸明富さん、進公平さん、橋幸夫、徳岡純平さん、小牧勇太さん (C)ORICON NewS inc.
 歌手・橋幸夫(79)が、自身の名前を継承する『二代目橋幸夫を探せ!』最終オーディションが1日、都内で行われ、約1000人の中から合格者となった4人が発表された。川岸明富さん(21)、進公平さん(27)、徳岡純平さん(22)、補欠合格の小牧勇太さん(42)で、これから奮闘していくことになる。

【写真】2代目に託して芸能界を引退する橋幸夫

 名前を継ぐことへの思いを語った合格者たちだったが、審査員を務めたテリー伊藤は「4人で切磋琢磨して、努力した方が襲名すると考えています。ヒット曲いっぱいあるので、全部歌いこなせるのか、それも課題だと思いますので。最終ランナーとして残った。橋幸夫という名前は、日本の歌謡界にとっても大きな名前です。努力した人だけが橋幸夫という名前を名乗れると思っております」と念を押した。

 テリーの言葉を受けて、今回の合格者4人が橋の名前を継ぐのか否かとの質問が飛ぶと、夢グループの石田重廣社長が「(受けるか否かは)選ばれたみなさんの意思もありますが(その認識だ)。これから、橋さんに名前をつけてもらいます」とコメント。合格者たちは「。橋幸夫さんに一生骨を埋める覚悟です」「一生懸命橋さんの歌を歌いたい」「看板に泥を塗らぬよう、頑張って歌っていきたい」などの決意を述べていた。

 石田社長は、今後の展開としてグループを想定しているようで「橋幸夫さんがデビューした、7月5日をデビュー日にしようかと思っています」との見通しを告白。橋は「5月1日のコンサートがラストになりますが、新しい若者たちをみなさまにお見せできるという喜びは、これから格別になってくると思います。それぞれの持ち分を発揮して、大いに頑張っていただきたい」とのエールを送っていた。

 合格者には「二代目 橋幸夫」として橋本人から歌唱指導が受けられるほか、二代目橋幸夫としてCDデビューすることが可能。浅草公会堂で行われる橋のラストステージに出演し、お披露目となる。さらに「夢グループの社員として雇用。月給制で働きながらの歌手活動」「夢グループのTVコマーシャルへの出演」などの特典も与えられる。

 この日は、二次審査で30人が2コーラス、三次審査で10人が2コーラスを歌唱。橋やテリーらが出場者にインタビューを行いながら、選考していった。

このニュースに関するつぶやき

  • 新加勢大周思い出しました���å��å�
    • イイネ!11
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(19件)

ランキングエンタメ

前日のランキングへ

ニュース設定