台風2号 沖縄の海上は次第に大しけ 先島諸島は30日から暴風の恐れ 影響長引く

34

2023年05月28日 15:09  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

台風2号 沖縄の海上は次第に大しけ 先島諸島は30日から暴風の恐れ 影響長引く

大型で非常に強い台風2号の影響で沖縄の沿岸の海域はうねりを伴いしけています。29日(月)には先島諸島では大しけとなるでしょう。風も強まり、先島諸島では30日(火)から暴風となる恐れがあります。



●31日(水)から沖縄地方に接近の恐れ


きょう28日(日)正午現在、大型で非常に強い台風2号はフィリピンの東で西へ進んでいます。今後、台風2号は次第に向きを北よりに変えて、31日(水)以降、強い勢力で沖縄地方に接近する恐れがあります。沖縄の南で台風の動きが遅くなるため、沖縄は次の週末頃にかけて、影響が長引く可能性があります。


●高波に警戒


すでに海上では台風の影響がでており、沖縄地方の沿岸の海域ではうねりを伴いしけています。先島諸島では29日(月)から大しけとなるでしょう。うねりを伴った高波に警戒してください。台風の進路によっては、沖縄本島地方では29日(月)から、大東島地方では30日(火)から大しけとなる恐れがあります。

29日(月)に予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
沖縄本島地方:5メートル
大東島地方:5メートル
先島諸島:8メートル

30日(火)に予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
沖縄本島地方:4から5メートル
大東島地方:4から5メートル
先島諸島:6から8メートル
うねりを伴った高波に警戒が必要です。海岸付近には近づかないようにしましょう。


●暴風の恐れ


きょう28日(日)このあとは風が次第に強まり、台風の進路によっては、先島諸島では30日(火)から暴風となる恐れがあります。

29日(月)に予想される最大風速(最大瞬間風速)
沖縄本島地方:15メートル(25メートル)
大東島地方:15メートル(25メートル)
先島諸島:18メートル(30メートル)

最新の台風情報に注意し、早めの台風対策をなさってください。


●台風が近づく前の対策


台風の暴風が怖いのは、いざ暴風になると、身動きが取れなくなるということです。そこで、事前に3つの点について、確認したり、備えたりしておく必要があります。1つめは、雨どいや側溝などを掃除して、水はけを良くしておきましょう。落ち葉などで側溝が詰まって水が流れないと、道路が冠水する原因となります。2つめは、屋外に置かれている、飛ばされやすいもの(物干し竿、鉢植え、ゴミ箱など)は、しっかり固定するか、室内にしまうなどの対策をしましょう。商店などでは、看板が飛ばされたり、自動販売機が倒れたりしないか、確認してください。3つめは、暴風で飛ばされてきたもので、窓ガラスが割れないよう、窓は鍵をかけ、雨戸があれば閉めましょう。窓ガラスにガムテープを貼ると、風圧に耐えられるようになります。もしガラスが割れても、破片が飛び散るのを防ぐために、カーテンも閉めておいてください。


このニュースに関するつぶやき

  • >台風、沖縄は大しけ・・・大しけ? じゃ、しける前に戸棚の煎餅を全部食っとかなきゃ!
    • イイネ!9
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(12件)

前日のランキングへ

ニュース設定