台風2号 特徴と警戒ポイント 沖縄は大しけ・暴風が長引く 警報級大雨のおそれも

13

2023年05月29日 17:47  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

台風2号 特徴と警戒ポイント 沖縄は大しけ・暴風が長引く 警報級大雨のおそれも

台風2号の特徴は「沖縄の南で、動きが遅くなること」です。30日火曜〜6月3日土曜は、速度が「ゆっくり」あるいは「時速10キロ」「時速15キロ」と予想されるので、沖縄では影響が長引くでしょう。うねりを伴った高波に警戒し、台風の進路次第では、沖縄本島地方などでも、暴風や警報級の大雨になるおそれもあります。



●台風2号 特徴は?


台風2号は、29日月曜15時現在、フィリピンの東を1時間に10キロの速さで、北西へ進んでいます。発達のピークを過ぎましたが、まだ「非常に強い」勢力なので、衛星画像では「台風の目」がしっかりと確認できます。また「大型」の台風なので、風速15メートル以上の「強風域」が、沖縄の宮古島や石垣島の一部に、かかってきています。この台風2号の特徴は「沖縄の南で、動きが遅くなること」です。30日火曜15時には沖縄の南へ進みますが、速度は「ゆっくり」と予想されています。31日水曜15時には、石垣島の南約300kmへ進むものの、依然として、速度は「ゆっくり」のままでしょう。1日木曜15時には先島諸島近海で「時速10キロ」、2日金曜15時には沖縄本島近海で「時速15キロ」、3日土曜15時には日本の南で「時速15キロ」と、6月に入っても、なかなか速度を上げません。そのため、沖縄では、台風の影響が長引くおそれがあります。さらに、沖縄に接近する頃でも、まだ「強い」勢力なので、大荒れの天気が長く続いてしまいそうです。


●警戒ポイント々眷函〕汁曚気譴詛箸旅發気?


沖縄の警戒ポイント、1つめは、高波です。沖縄の沿岸の海域では、すでに、台風からのうねりが届いています。先島諸島では大しけ、沖縄本島地方と大東島地方ではしけていますが、波は更に高くなるでしょう。

29日月曜に予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
沖縄本島地方・大東島地方   4メートル
先島諸島     6メートル

30日火曜に予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
沖縄本島地方   5メートル
大東島地方    4メートル
先島諸島     7メートル

31日水曜に予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
沖縄本島地方   6メートル
大東島地方    5メートル
先島諸島     9メートルとなっています。

海上や海岸付近では、うねりを伴った高波に、先島諸島では警戒し、沖縄本島地方と大東島地方では十分注意が必要です。また、31日水曜の先島諸島では、猛烈にしける見込みです。なお、台風の進路等によっては、沖縄本島地方では30日火曜から、大東島地方では6月1日木曜頃から大しけとなるおそれがあります。


●海には近づかない


台風が近づくと波が高くなり、台風の中心付近では、波の高さが10メートルを超えることもあります。沿岸部では、高波に注意が必要です。そこで、台風が近づいている時には、絶対に海に近づかないでください。海の様子を見に行ったり、サーフィンや釣りを楽しんだりすることは、高波にさらわれるおそれがありますので、とても危険です。また、台風から離れていても、油断はできません。天気は穏やかなのに、台風から発生した「うねり」が届いて、急に高波が打ち寄せることもあります。波浪警報や波浪注意報が発表されている時には、むやみに海に近づかないでください。


●警戒ポイント∨宿 予想される風の強さは?


沖縄の警戒ポイント、2つめは、暴風です。台風の接近に伴い、先島諸島では、すでに北東の強い風が吹いています。沖縄本島地方でも30日火曜は、東の風が強まる見込みです。

29日月曜に予想される最大風速(最大瞬間風速)
先島諸島   16メートル(30メートル)

30日火曜に予想される最大風速(最大瞬間風速)
沖縄本島地方 15メートル(25メートル)
先島諸島   20メートル(30メートル)となっています。

また、先島諸島では6月1日木曜頃から2日金曜頃にかけて、暴風となる見込みです。なお、台風の進路等によっては、沖縄本島地方でも6月2日金曜頃から3日土曜頃にかけて、暴風となるおそれがあります。さらに強まるのは、風だけではありません。雨も強まるでしょう。台風の進路等によっては、先島諸島では31日水曜から6月2日金曜頃にかけて、沖縄本島地方では6月2日金曜頃から3日土曜頃にかけて、警報級の大雨となるおそれがあります。台風本体が近づく前に、暴風や大雨の対策を、心がけてください。


●台風が近づく前の対策 暴風に備えて


台風の暴風が怖いのは、いざ暴風になると、身動きが取れなくなるということです。そこで、暴風に対して、事前に3つの点について、確認したり、備えたりしておく必要があります。1つめは、雨どいや側溝などを掃除して、水はけを良くしておきましょう。落ち葉などで側溝が詰まって水が流れないと、道路が冠水する原因となります。2つめは、屋外に置かれている、飛ばされやすいもの(物干し竿、鉢植え、ゴミ箱など)は、しっかり固定するか、室内にしまうなどの対策をしましょう。商店などでは、看板が飛ばされたり、自動販売機が倒れたりしないか、確認してください。3つめは、暴風で飛ばされてきたもので、窓ガラスが割れないよう、窓は鍵をかけ、雨戸があれば閉めましょう。窓ガラスにガムテープを貼ると、風圧に耐えられるようになります。もしガラスが割れても、破片が飛び散るのを防ぐために、カーテンも閉めておいてください。


このニュースに関するつぶやき

  • ゆっくりだから3日でもまだ沖縄なのか・・・本土にまで上陸するかな・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

前日のランキングへ

ニュース設定