阪神、交流戦白星発進で16年ぶり9連勝 村上8回1失点で5勝目、ノイジー2打点

45

2023年05月30日 20:53  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

阪神・村上頌樹 (C) Kyodo News
● 西武 1 − 3 阪神 ○
<1回戦・ベルーナドーム>

 セ・リーグ首位を独走する阪神は交流戦白星スタート。第一次岡田政権の2007年以来となる9連勝を達成し、貯金は「18」となった。

 好調な上位打線が先制パンチを浴びせた。西武先発・與座に対し初回、先頭の近本が右翼フェンス直撃の三塁打を放つと、続く中野は右翼線への適時三塁打を放ちわずか4球で先制。続くのノイジーの遊ゴロ間に三走・中野が悠々と2点目のホームを踏んだ。

 1点差に詰め寄られた5回は8番・木浪の左前打などで好機を作り、ノイジーの左前適時打で再び2点リード。計6安打ながら効率よく3点を奪った。

 今季初先発から快投を続ける村上は、この日も小気味のよい投球で西武打線を翻弄。3回に9番・若林に適時打を許し1点を失ったものの、8回112球、4安打1失点、9奪三振無四球の快投で防御率は1.41に良化した。

 2点リードの9回は、復帰3戦目となった湯浅がパーフェクトで締め7セーブ目。8回1失点の村上は自身3連勝となる今季5勝目(1敗)を手にした。

このニュースに関するつぶやき

  • 今夜もぐっすり寝れそうです(*´∀`)♪とらほー
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(27件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定