オリックス、4カード連続勝ち越しでパ首位浮上 宮城プロ初打点&完封5勝目

14

2023年06月04日 17:10  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

オリックス・宮城[写真=北野正樹]
● 中日 0 − 5 オリックス ○
<3回戦・バンテリンドーム>

 中日に連勝したオリックスは4カード連続の勝ち越し。4連敗のロッテを抜き、貯金9でパ・リーグ首位に返り咲いた。

 中日・盒狭┐肇リックス・宮城。試合は侍ジャパンのWBC優勝に貢献した両先発による息詰まる投手戦となった。奪三振ショーを展開する盒狭┐紡个掘宮城は緩急自在の投球でテンポ良くアウトを量産。4回二死まで無安打投球を続け、序盤5回を49球で終えた。

 打線は盒狭┐ら7回まで得点を奪えなかったが、中日が継投に入った8回に一挙5得点。まずは宮城とバッテリーを組んだ4番・森が7号3ランを右翼席へ運び先制すると、その後も打線がつながり6番・ゴンザレスの中前適時打で4点目を奪った。なおも二死一、三塁で、9番・宮城が自らの勝利を大きく手繰り寄せる左前適時打を放ち5点目。宮城はこれがプロ初打点となった。

 左腕は6回以降も中日打線に的を絞らせず、9回108球、2安打無失点、10奪三振無失点の快投。5勝目(1敗)を今季2度目の完封で飾った。

このニュースに関するつぶやき

  • バファローズ、チームが整ってきたかな?
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定