クラッシュのコンウェイ「まずまずの一日」。平川「望んだレベルに達していない」/ル・マンテストデー

2

2023年06月05日 17:30  AUTOSPORT web

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

クラッシュしたマシンとともにピットへ戻るマイク・コンウェイ
 6月4日(日)、2023年のル・マン24時間レースへ向けた公式テストでの走行が行われ、TOYOTA GAZOO Racing(TGR)は、伝統あるコース、サルト・サーキットでの準備を開始した。

 6月10〜11日にかけて決勝が行われるル・マン24時間の100周年記念大会には16台のハイパーカーがエントリー。TGRはそのなかで、ル・マン6連覇を目指している。だが、レースを目前にしたルール変更により、トヨタGR010ハイブリッドは37kgの重量増となった。

 TGRの2台のGR010ハイブリッドは、テストデーの2回のセッションで合計1798kmを走破した。マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペスの7号車GR010ハイブリッドは、この日の総合ではトップの51号車フェラーリ499Pから0.323秒おくれの3分29秒827をマークし、3番手に。

 8号車GR010ハイブリッドはブレンドン・ハートレーと平川亮に加え、テスト&リザーブドライバーの中嶋一貴がドライブし、この日の9番手タイムをマークしている。なお、8号車レギュラーのセバスチャン・ブエミは、フォーミュラEジャカルタ戦出場を優先したため、テストデーのセッションには参加していない。

 午前10時から3時間ののセッション1では、チームはメカニカルおよび空力の設定を試して解析し、セットアップを行った。プログラムは比較的順調に進んだが、終盤にコンウェイがテルトル・ルージュのバリアへクラッシュ。車体の前後にダメージを負ってしまうが、チームは15時30分のセッション2開始までに修復作業を終え、セッション開始と同時にコースインすることに成功している。

 午後の3時間のセッションでは、さらなる車両セットアップの比較や、異なるタイヤコンパウンドのパフォーマンスや耐久性の分析などの作業を進めた。

 TGRからテストデーに出走した6名のドライバーのコメントは、以下のとおり。レースウイークの走行は7日水曜日から開始される。

■小林可夢偉(チーム代表兼7号車ドライバー)
「ル・マンに戻ってこられて最高です。このコースにはいつも感動させられますし、ここを走るのは本当に楽しいです」

「我々の7号車は午前中のセッション終盤にアクシデントに見舞われ、今日は期待していたほどスムーズな一日ではありませんでしたが、マイクが無事だったことが最も大事ですし、メカニックも素晴らしい作業でダメージを迅速に修復してくれました」

「そのおかげでプログラムへの影響は最小限に抑えられ、車両のセットアップやバランスの作業を続けることができました。パフォーマンスの面ではやや厳しい状況にありますが、とにかく作業を続けるだけです」

■マイク・コンウェイ(7号車)
「今年初めてのル・マンでの走行で、いくつかの課題はあるものの、まずまずの一日だった」

「今日はクルマを理解することに努め、比較検討のプログラムをこなした。セッションが進むにつれて我々も進歩し、バランスも良くなってきている。まだラップタイムという面ではいくつかやるべきことがあるが、この段階ではいつものことだ。とはいえ、今のところ悪くない状況だし、この調子で作業を続ける」

■ホセ・マリア・ロペス(7号車)
「またここに戻れて嬉しい。まだ初日なので、すべてがきちんと動くかを確認する作業だった」

「初日としては順調だが、ラップタイムを基準に何かを語るのはまだ早い。特にトップスピードの面で、ライバル勢が強そうだというのが私の第一印象だが、我々もプッシュしていく。これからの数日、更なるパフォーマンスを見出すべく頑張りたい」

■ブレンドン・ハートレー(8号車)
「まだやるべきことはあるが、幸運なことにレースのスタートまでは何日かある。ル・マンに戻ってこられるのはいつものことながら嬉しいし、特にこのGR010ハイブリッドはこのコースのために作られたクルマなので尚更だ」

「昨年、このクルマは乗っていて本当に素晴らしいフィーリングだったので、そのバランスを取り戻したいと思っている。私の周回は好調だったし、ここでは退屈することはないが、土曜日の決勝へ向けてとにかく努力あるのみだ。新たな挑戦へ向け、ハードワークを続けていく」

■平川亮(8号車)
「昨年に続き、GR010ハイブリッドで再度ル・マンを走ることができて嬉しいです」

「昨年のテストデーでは多くのことを学びましたが、今年はまったく感触が違います。今日は多くの周回をこなすことができ、その点ではすべてが順調でした」

「ラップタイムはまだ我々が望んだレベルには達していないので、原因を解明する必要があります。水曜日の公式練習走行までにはセットアップを改善すべく、プッシュを続けます」

■中嶋一貴(テスト兼リザーブドライバー)
「GR010ハイブリッドで走るのは3月のセブリング戦後のテスト以来ですが、また走ることができて本当に最高でした」

「この車でル・マンを走るのはいつでも特別なことで、8号車のセッション最初のドライバーを任されたのはとても光栄でした。短いスティントでしたが、まるで故郷に帰ったようでしたし、テストプログラムに貢献できて嬉しいです」t

このニュースに関するつぶやき

  • タイガー・コンウェイ・ジュニア(・ω・)?!
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定