まだ埼玉をイジるんか! 『翔んで埼玉 Part供焚勝法戮梁格圓忘覿漫千葉解放戦線のキャラクターが再登場するらしい

0

2023年06月05日 22:21  Pouch[ポーチ]

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Pouch[ポーチ]

写真

「埼玉県人にはそこら辺の草でも食わせておけ!」という名言(迷言?)でおなじみ、空前の埼玉ブームを巻き起こした大ヒット映画『翔んで埼玉』。

埼玉をディスってディスってディスりまくる日本最高峰の茶番劇が、今年2023年に「続編」というかたちで帰ってきます。

続編には、本作に欠かせないGACKTさん&二階堂ふみさんに加えて、前作で強烈な存在感を発揮した4キャラクターも再登場するようです。

どんなストーリーになるのかもさることながら、彼らの活躍にも期待したいところ……!

【前作のあらすじ】

長い間虐げられてきた埼玉県民。

通行手形がないと東京に入れないし、「埼玉なんて言っているだけで口が埼玉になるわ!」とか言われちゃうし、挙句の果てには東京に紛れ込んだ埼玉県民を見つけ出す「埼玉狩り」まで行われていました。

不条理な世界をどうにかしようと立ち上がったのが、GACKTさん演じる麻実麗と二階堂さん演じる壇ノ浦百美。

通行手形の撤廃を目指す中、同じく通行手形撤廃を目指していた千葉解放戦線のリーダーと一触即発状態に。やがて埼玉 vs 千葉の壮大な戦いへと発展するのです。

【クセつよキャラたちの活躍を振り返る】

2023年公開予定の続編『翔んで埼玉 Part供焚勝法戞8開に先がけて、前作に出演していた加藤諒さん、益若つばささん、小沢真珠さん、中原翔子さんが続投出演することが明らかになりました。

加藤さん演じる「下川信男」と益若さん演じる「おかよ」は、埼玉県人開放のために戦った埼玉解放戦線の主要メンバー。

下川は、生まれが埼玉県で東京に移り住んできた生徒で構成されるクラス「Z組」の生徒でもあり、前作では「何もなくたってさ、住みやすくていい所じゃんかよ! 埼玉ってさ!」と埼玉の魅力を涙ながらに熱弁していました。

小沢さん&中原さんが演じた千葉解放戦線メンバー・浜野サザエ&あわび姉妹も、前作において強烈なインパクトを残しています。

なぜかいつも海女さんの格好をしているサザエ&あわび姉妹。海の音を強制的に聞かせる「貝殻攻撃」を得意技とし、前作の見どころのひとつ「埼玉 vs 千葉 出身有名人対決」でも大活躍しました。

【埼玉が「世界」へ…?】

続編への出演に際して、加藤さんは

「麗様・百美様にまたお会い出来ること光栄に思います。前作で出し尽くしてしまったのではと思われた “埼玉ネタ” ですが……まだまだありました!」

とコメントしており、新作への期待がますます高まってしまいます。

思い返せば、前作のラストでは、「日本埼玉化計画」を水面下に続けてきた埼玉解放戦線メンバーが「世界埼玉化計画」を宣言していました。ということは……新作では世界規模の茶番劇が観られるってわけ!?

【田んぼアートイベントもやるよ〜!】

『翔んで埼玉 Part供焚勝法戮慮開を記念して、6月10日には映画とコラボした「田んぼアート」イベントが開催されます。

イベント会場となるのは、埼玉県行田市にある古代蓮の里および古代蓮会館東側の田んぼ。ギネス世界記録にも認定されている世界最大の田んぼアートが『翔んで埼玉』仕様になります。

埼玉解放戦線メンバーの加藤さん&益若さんの参加も決定しているので、足を運べる人はぜひ!

参照元:東映、プレスリリース
執筆:田端あんじ (c)Pouch
Photo:©2023 映画「翔んで埼玉」製作委員会

画像をもっと見る

    ランキングゲーム・アニメ

    前日のランキングへ

    オススメゲーム

    ニュース設定