九州 大雨警戒 台風3号と前線の影響で梅雨空続く

0

2023年06月08日 10:48  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

九州 大雨警戒 台風3号と前線の影響で梅雨空続く

梅雨前線に伴う活発な雨雲が九州に流れ込み、鹿児島県から激しい雨が降りだしています。九州は、きょう8日(木)を中心に、あす9日(金)にかけて大雨となる恐れがあり、土砂災害などに警戒が必要です。また、来週初めには台風3号が日本の南海上へ北上し、九州付近で梅雨前線の活動を強める可能性も。九州ではしばらく、雨の降り方に注意・警戒が必要です。



●九州南部中心に滝のような雨 短時間で雨量多くなる恐れ


きょう8日(木)は、梅雨前線が九州中部付近まで北上し、活動を強めます。九州は、午後にかけて雨が本降りとなり、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。特に、梅雨前線の南側に位置する熊本県や鹿児島県、宮崎県では、今夜にかけて活発な雨雲がかかりやすく、局地的に1時間50整幣紊梁譴里茲Δ扮が降る所もあるでしょう。梅雨前線は、今夜遅くには九州の南岸付近へと南下し、北部から天気が持ち直してきますが、種子島・屋久島地方を中心とする九州南岸のエリアでは、あす9日(金)にかけて激しい雨が降る恐れが続きます。激しい雨が降ると、短時間で土砂災害などの危険度が高まることがあり、あす9日(金)にかけて十分な注意・警戒が必要です。


●来週はじめにかけて梅雨空


梅雨前線は来週はじめにかけて九州付近に停滞し、梅雨空が続きます。10日(土)は九州北部を中心に晴れ間も出そうですが、11日(日)から13日(火)は、日本の南海上へ北上してくる台風3号の影響が加わり、雨の範囲が広がる見込みです。


●台風3号 日本の南海上へ北上


台風3号が、発達しながらフィリピンの東の海上をゆっくり北上しています。台風3号は、来週はじめには向きを北東に変えて、日本の南の海上へ北上してくるでしょう。台風3号が九州に直接近づく恐れはありませんが、九州付近に停滞する梅雨前線に向かって湿った空気が流れ込み、前線活動が活発化する可能性があります。週末から来週はじめにかけても、九州は南部を中心に激しい雨が降る恐れがあり、しばらく雨の降り方に注意・警戒が必要です。


    前日のランキングへ

    ニュース設定