大谷翔平、俊足生かし二塁打&2盗塁 エ軍3連勝で貯金3、外野陣の堅守光る

17

2023年06月08日 13:20  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

エンゼルス・大谷翔平
○ エンゼルス 6 − 2 カブス ●
<現地時間6月7日 エンゼルス・スタジアム>

 エンゼルスの大谷翔平選手(28)が7日(日本時間8日)、本拠地でのカブス戦に「2番・指名打者」でフル出場。初回に中堅横への二塁打、5回は二盗と三盗を立て続けに決めるなど、この日は足で観客を魅了した。「4番・右翼」でフル出場したカブスの鈴木誠也外野手(28)は、4打数無安打に倒れ打率は.260となった。

 大谷は初回、一死無走者でカブスの先発右腕・タイロンと対戦。3ボール1ストライク後の直球を捉えると、打球速度109.4マイル(約176キロ)の弾丸ライナーは中堅右へ飛び、快足を飛ばし一気に二塁を陥れた。これで3日(同4日)のアストロズ戦から4試合連続試合安打をマーク。一死二塁の先制機を演出したが、後続が倒れ得点にはつながらなかった。

 同点に追いついた直後の5回の第3打席は四球で出塁。相手バッテリーの警戒が緩い中、立て続けに二盗、三盗を決め、チームトップの9盗塁目を記録した。この日は足で観客を沸かせ4打数1安打、1四球2盗塁の打撃結果。打率は.275となった。

 エンゼルスは1点を追う5回、8番・レンヒーフォの4号ソロで追いつくと、6回もレンヒーフォが右前適時打を放ち逆転。さらに二死満塁で1番・モニアクが走者一掃の3点適時二塁打を右翼線へ運び、一挙4得点でカブスを突き放した。

 投げては、3四球を与えながらも1回を無失点に抑えた2番手・ジョイスがメジャー初勝利をマーク。守りでは中堅・トラウトと右翼・モニアクが互いに好捕を連発するなど、外野陣の堅い守りも光った。

このニュースに関するつぶやき

  • エ軍(えぐん、エンゼルス)が工事(こうじ)に見えた。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(10件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定