台風3号 あす9日金曜には「強い」勢力に発達 週明けは前線停滞・台風北上で大雨か

4

2023年06月08日 16:52  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

台風3号 あす9日金曜には「強い」勢力に発達 週明けは前線停滞・台風北上で大雨か

台風3号は、フィリピンの東を発達しながらゆっくり北上し、あす9日金曜には「強い」勢力に。12日月曜も「強い」勢力を維持して、日本の南を北東へ進む見込み。本州付近には前線が停滞。台風北上とともに湿った空気が前線の活動を活発化させ、週明け、再び大雨をもたらす恐れ。



●台風3号 週明けに八丈島の南を北東進


雲画像を見ると、台風3号は、もう少しで台風の眼が見えてきそうなほど、発達をしていることが分かります。また、きょうは関東甲信で梅雨入りが発表されましたが、西日本から東日本にかけて、白く発達した梅雨前線の雲が見られます。きょう8日午後3時、台風3号は、フィリピンの東を1時間におよそ15キロの速さで北西へ進んでいます。この先、発達をしながらゆっくりと北上し、あす9日金曜にはフィリピンの東で「強い」勢力になるでしょう。12日月曜にかけて「強い」勢力を維持して、日本の南を北東へ進む見込みです。13日火曜には、八丈島と小笠原諸島の間の海域を北東へ進むでしょう。伊⾖諸島や⼩笠原諸島で⼤荒れや⼤しけの恐れがあります。また、来週前半は梅雨前線が西日本から東日本の南岸付近に停滞する予想です。台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込み、梅雨前線の活動が活発化して、九州から関東甲信を中心に再び大雨となる恐れがあります。また、台風が予報円の北側を進んだ場合は、東日本の太平洋側に接近し、直接的な影響を与える可能性もあります。最新の台風情報に注意が必要です。


●週明け 前線停滞・台風周辺の湿った空気 再び大雨の恐れ


あす9日にかけては、梅雨前線や低気圧の影響で、西日本から東日本で大雨となる恐れがあります。あす9日朝にかけて、四国や近畿、東海、関東の太平洋側を中心に、非常に激しい雨や激しい雨の降る所があるでしょう。先日の記録的大雨の直後ですので、少しの雨でも土砂災害のリスクが急激に高まる恐れがあり、警戒が必要です。週明けも、本州付近には梅雨前線が停滞する見込みです。台風の北上とともに暖かく湿った空気が流れ込んで、前線の活動が活発化し、再び大雨となる恐れがあります。


●来週もまた大雨か 度重なる大雨で災害リスク高まる


今月2日から3日にかけて、線状降水帯が各地で発生するなど、西日本から東日本を中心に、記録的な大雨となりました。この時のパターンと同じく、週明けにも、本州には前線が停滞し、台風3号の北上につれて、前線の活動を活発化させる危険な天気図が予想されます。まだ台風の進路や雨の強さや範囲などにブレがありますが、度重なる大雨で、災害リスクが高まる恐れがあるでしょう。いざという時に、安全な行動がとれるように、雨の情報に注意して、避難経路を確認しておくなど、大雨の備えを行ってください。


●避難場所や避難経路 確認しておくポイントは


いざ、避難する場合に備えて、あらかじめ避難場所や避難経路を確認しておくことは、とても大切です。その際、ポイントが3つあります。〇堋村が作成しているハザードマップや、地域防災計画を見て「自分の住む地域は、どのような災害のリスクがあるのか」「災害が発生した時の避難場所はどこか」「安全な避難経路はどこか」確認しておきましょう。その際、氾濫の恐れがある河川や、土砂災害の恐れがある所も確認しておくと、避難経路を決める時に役立ちます。また、自宅だけでなく、学校や職場など、よく立ち入る場所はどのような危険があるかも、家族で一緒に確認しておきましょう。⊃賛(冠水)した場合は、避難経路が限られてしまいます。事前に、複数の避難経路を確認しておきましょう。L覺屬蓮昼間よりも、周囲の状況を把握しにくくなります。夜間の避難に備えて、建物など目印を決めて、避難経路を覚えておきましょう。もしもの時に備えて、避難場所への避難経路を実際に歩いて、確認しておくのもおススメです。


このニュースに関するつぶやき

  • マジか・・・会社行かない。テレワークですが・・・
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定