巨人、10回二死走者なしから6得点!田尾氏「ベテラン2人がさすがだなというスイング」

5

2023年06月08日 21:20  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

巨人・丸佳浩 (C) Kyodo News
● オリックス 0 − 6 巨人 ○
<3回戦・京セラD大阪>

 巨人がパ・リーグ首位・オリックスに6−0で勝利し、このカード2勝1敗で勝ち越した。

 巨人・山伊織、オリックス・山岡泰輔の両先発の投げ合いは、山が8回無失点、山岡が7回無失点と息詰まる投手戦。9回で決着がつかず試合は延長戦へ。

 巨人は10回、4番手・本田仁海に対して簡単に2アウトとなったが、ここから梶谷隆幸、秋広優人の連打、岡本和真の敬遠で満塁とすると、代打・丸佳浩がバックスクリーンに第6号満塁本塁打。さらに大城卓三の右安でチャンスメイクすると、ウォーカーが第6号2ランでこの回6点を挙げた。

 8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター オリックス−巨人』で解説を務めた田尾安志氏は、「2アウトランナーなしからですからね。そこから6点ですからね。ヒット、ヒット、四球で満塁ホームラン」と話し、「岡本を歩かせて、丸がいた。不調の丸だったんだけれど、さすが丸というところでしたね。(追い込まれてから)バッティングが変わりました。それまではスライダーを引っ掛けていたんですよね。追い込まれてからセンター方向に変えた。梶谷と一緒ですよね。引っ張り、引っ張りからセンター方向でしたからね。ベテラン2人がさすがだなというスイングを見せてくれましたね」と解説した。

(ニッポン放送ショウアップナイター)

このニュースに関するつぶやき

  • 実に興味のある三連戦。 広岡の二戦連続、先輩・岡本への忖度えらー(笑) たいむりー欠乏症の打線で、ほーむらん決着 。 だから広岡はDHだってば(爆)
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定