巨人が10回一挙6点で快勝!坂口氏が挙げた勝因は「追い込まれてからの粘り」

8

2023年06月09日 07:10  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

巨人・丸佳浩 (C) Kyodo News
◆ 二死、2ストライクからの猛攻

 巨人は8日、敵地でのオリックス戦に6−0で快勝。初戦黒星からの2連勝でこのカード勝ち越しを決めた。

 巨人・山伊織とオリックス・山岡泰輔の両先発の投げ合いは7回までゼロ行進。山岡は7回無失点、山は8回無失点で降板してもリリーフ陣が譲らず、0−0のまま延長戦に突入する。

 迎えた10回も4番手の本田仁海を前にかんたんに二死となった巨人打線だったが、フルカウントから梶谷隆幸が安打で出ると秋広優人も安打で続き、二死ながら一・三塁の大チャンス。ここで主砲・岡本和真も2ボールとなったところで申告敬遠となり、5番の門脇誠に打席が巡った。


 ここで巨人ベンチはとっておきの代打・丸佳浩をコール。2ストライクと追い込まれながらも4球目の変化球を完璧に捉えると、打球はバックスクリーン右に突き刺さる値千金の代打満塁弾となった。

 さらに二死走者なしから大城卓三が安打で出塁すると、アダム・ウォーカーもライトスタンドに叩き込む2ラン。気落ちする本田を攻め立て、この回一挙6点を叩き出した。

 8日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した坂口智隆氏は、10回の巨人の攻撃について「粘り強さ」を評価する。

 二死走者から口火を切った梶谷はフルカウントからの安打で、続いた秋広も2ボール・2ストライクからのつなぎ。岡本は2ボールから敬遠となったが、満塁弾の丸も空振りとファウルで早々に2ストライクと追い込まれながらもそこから値千金のいちげきを放って見せた。

 丸の打撃については「代打でしたが、変化球にも初球からガンガン振っていく。変化球に手を出していくことでタイミングも頭に入ってきますからね」といつもより積極的な姿勢に触れながら、「速いまっすぐを頭に入れながら、最後は甘く入ったスライダーを見事に仕留めました。打者は2ストライクになると打つ確率がすごく低くなるんですが、振っていってタイミングを合わせていったことが功を奏した」と解説。

 最後は「代打だったということもあったんでしょうけど、しっかりと本塁打という結果を残せるのは丸選手の技術が光った打席だった」とし、スタメンを外れながらも意地を見せたベテランの打撃を称えた。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2023』



【動画】0−0のまま延長戦に突入した試合は…/6月8日:オリックス−巨人のハイライト

このニュースに関するつぶやき

  • 後攻だったら、最高だったな。サヨナラ満塁ホームランだし
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ニュース設定