男性に求めるのは料理スキル?洗いものスキル?料理だけする男性は、実は敬遠されがち……!?

4

2023年06月09日 12:40  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

ママスタ

突然ですがこのような2択、あなたならどちらの男性を選びますか?
『A:料理はするけれど、洗いものはしない男性
B:洗いものはするけれど、料理はしない男性』
ママスタコミュニティに登場した、日々ママたちが奮闘しているだろう台所仕事をめぐっての究極の2択。どちらの男性がママたちの人気を集めるのか……結果はこうなりました。
『A:料理はするけれど、洗いものはしない男性・・・24票
B:洗いものはするけれど、料理はしない男性・・・49票』
洗いものをする男性を望むママの数は、なんと料理をする男性を望むママの約2倍という結果に。労力や時間を比較すると料理の方が骨が折れると考えた筆者は、料理をする男性が断然人気なのでは? と予想していたのですが、そうではなかったようで……。ママたちがそれぞれを選んだ理由、気になりませんか?

こんな理由で「料理をする男性」を希望します!



料理が好きじゃないから

『料理より洗いものの方が好きだから、料理してくれるなら喜んで』
『料理がすごく嫌いで、料理ができる人と結婚した。掃除が大好きだから、食器洗いくらい大したことない』
自分の得意不得意でこのアンケートを考えるママは多いことでしょう。好きになれないものはパートナーにお任せしたい! 自分の気持ちに素直でシンプルですね。

料理の方が難易度が高いから

『料理の方がたくさんの手間を求められるよね。洗いものは食洗機を使う手もあるし!』
『洗いものは、子どもでも教えればできるようになるけど、料理は簡単には覚えられないから』
料理の難易度に目をつけるママも。切る、煮る、炒める、ゆでる、味付けをする……食事のメニューやレシピは数知れず、そのうえさまざまな工程が求められます。たしかに料理の知識やスキルは、一朝一夕で身に付くものではないのでしょう。

片付けは自分でしないと気が済まないから

『私は自分が思うように洗いものをして、そのあとの片付けもきちんとしたいから、料理する旦那を希望。ただし献立や買い出しも込みで(笑)!』
お皿をきれいに洗って食器棚などに片付ける洗いものは、掃除や整理整頓の類といえるでしょう。きれい好きなママは台所仕事においても、自分流の片付け方を守りたいと思うケースも多いでしょうから、洗いものはしない男性を選ぶのは妥当なのかもしれませんね。

「もしも」のとき、重宝するのは料理スキルのはず!

『私が入院したとき、旦那が料理できる人で良かったと思った。子どもの健康が心配だからね』
『うちの旦那も料理はするタイプ。私が残業の日は夕食を作ってくれて、すごく助かる。旦那が料理してくれるだけで働きやすくなった』
「もしも」を考える着眼点、うなずけますね。基本的にはママが料理をするという家事分担のお宅でも、それが難しい事態も発生し得るでしょう。そんな有事の際は洗いもののスキルは二の次、健康的に家族のお腹を満たす料理のスキルが重宝されるのではないでしょうか。

私はこんな理由で「洗いものをする男性」を希望します!


洗いものが苦手だから

『食器洗いが何よりも嫌いなので』
『洗いものが嫌いで、料理は好き。私としては料理できる男性は必要ない。補い合える相手がいいな』
こちらもやはり自らの好みで考えたママたち。料理がすごく嫌いだと豪語したママがいれば、洗いものが何よりも嫌いだと主張するママもいて、好みは人それぞれで興味深いですね。得意分野は人によって異なるものですから、まさにパートナーと「補い合う」ことができたら御の字なのではないでしょうか。

旦那の料理、正直あまりいただけなくて……

『旦那は料理が下手だけど、食器洗いはしっかりやってくれるから助かってる』
『うちの旦那の料理、美味しくないんだよね。そしてなぜか下痢になる……洗いものだけしてくれたらいいや』
自身の結婚生活をもとにアンケートを考えたママは多く、わが旦那の料理の腕前を思い返して、料理のスキルを求めない選択をしたママも。世の中には料理上手な男性も大勢いるはずですが、もはや男性には料理のスキルを期待しないと割り切ったママたちの本音が垣間見えました。

旦那の料理したあとの片付けが苦痛

『洗いものをしない人は片付けのことを考えずに料理して、結果キッチンが滅茶苦茶になる。「料理ができる」と変な自信がある旦那が散らかしたキッチンの片付けが苦痛すぎる』
『ご飯を作ってやったとドヤ顔されて、あとの面倒ごとは他人任せっていうのが許せん!』
料理ができる旦那さんをもつママなりのお悩みも。散らかし放題で料理をする旦那さんの尻ぬぐいの形で片付けに追われるママたちの不満は大きいようで、辛口のコメントが届きました。盛大に汚れたキッチンを片付ける負担感が苦痛で、それならば料理のスキルよりも洗いもののスキルを求めるというママは少なくありませんでした。

「そもそも料理は片付けまで!」不満を募らせるママたち


『そもそも料理は片付けまでが料理だと思うんだが……。ご飯を作るだけで洗いものを放置されても、中途半端に手をだされたイライラ感しかない。正直、片付けができない人には料理をしてほしくないかも。片付けられないってことは料理ができないってこと』
「家に帰るまでが遠足です」という先生の言葉が思い出されますね(笑)。今回は料理のスキルと洗いもののスキルの2択でしたが……ママたちは男性陣の片付けに対する姿勢によほどご立腹の様子。たとえご飯を作れようとも、片付けを視野に入れないのならば、作ってくれなくて結構! という手厳しい声も届きました。よほど男性陣の後片付けの意識の低さに不満を抱えるママが多いのでしょうか。調理の過程でこまごまと発生する洗いもの、ごみ捨て、ちょっとした掃除。都度それらを処理していかないとキッチンは大惨事に……。それらすべての片付けをママが一手に担うことには、大きな負担が伴うのでしょう。スマートな料理には片付けが不可欠といえそうですよね!

今男性陣のさまざまな家事力がいっそう高まり、夫婦ともにモヤモヤの少ない家事の分担が実現していくといいですね。

文・みちはら宵子 編集・きなこ イラスト・Ponko

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • 後片付けまで含めて「料理」だと思うし、後片付けまでしないなら何もしないで!と思っちゃう。個人的には文句言わず出されたもの食べてくれるのが一番助かる…
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定