台風3号は本州の南へ 影響は? 週明けにかけて梅雨空 来週後半は晴れ間 暑くなる

0

2023年06月09日 16:24  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

台風3号は本州の南へ 影響は? 週明けにかけて梅雨空 来週後半は晴れ間 暑くなる

10日(土)と11日(日)は梅雨前線が西日本から東日本の南岸沿いに停滞するでしょう。太平洋側ほど雲が広がりやすく、沿岸部を中心に雨が降りそうです。来週前半は台風3号や梅雨前線の影響で、伊豆諸島や小笠原諸島は荒天の恐れ。本州でも沿岸部を中心に雨脚の強まる所もあるでしょう。来週後半は晴れ間がでて、暑くなりそうです。熱中症に注意を。



●土日は太平洋側を中心に雨


10日(土)は、梅雨前線は本州の南岸沿いに延びるでしょう。九州から関東甲信にかけて雲が広がりやすく、太平洋側沿岸部を中心に雨が降り、本降りの雨となりそうです。日本海側は晴れ間が広がるでしょう。東北は雲が広がりやすく、一部で雨が降りそうです。北海道は雲に覆われ、朝まで雨が降る所が多いでしょう。11日(日)も、雲に覆われ、梅雨前線に近い九州から関東甲信の太平洋の沿岸部を中心に雨が降りそうです。一時的に雨脚の強まる所もあるでしょう。最高気温は平年並みか低く、厳しい暑さはなさそうです。


●台風3号の影響は?


強い台風3号はフィリピンの東から日本の南を北西へ進み、13日(火)頃は伊豆諸島と小笠原諸島の間を進むでしょう。13日(火)頃は、台風が予報円の北側を進んだ場合は伊豆諸島で、南側を進んだ場合は小笠原諸島で大荒れや大しけとなる恐れがあります。最新の台風情報にご注意ください。台風が本州へ接近する可能性は低いでしょう。梅雨前線は本州の南岸付近に停滞しますが、最新の予想では、先週末の前線と台風2号による記録的な大雨のようにはならない見込みです。今の所、12日(月)から13日(火)頃は九州から関東甲信の沿岸部には活発な雨雲がかかる所もありますが、広範囲で大雨になることはなさそうです。台風の進路や梅雨前線の活動状況によって変わる可能性がありますので、最新の情報にご注意ください。


●来週後半は晴れ間 気温上昇 熱中症に注意


14日(水)以降は梅雨前線は南下し、沖縄付近から日本の南に延びるでしょう。前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、前線の活動が活発化する予想です。沖縄や奄美では活発な雨雲がかかり、雨量が多くなる恐れがあります。本州付近はにわか雨の所はありますが、梅雨の晴れ間となるでしょう。日中は気温がグングン上がり、最高気温は関東から九州では30℃前後の所が多くなりそうです。暑くなりますので、熱中症にご注意ください。


●熱中症予防


熱中症を予防するには、以下のポイントを心がけてください。 日頃から、体調管理を心がけましょう。朝など時間を決めて、毎日体温を測定したり、健康状態をチェックしたりすることにより、体調の変化に気づくことができます。 できるだけ暑さを避けて、喉が渇く前から水分補給を心がけましょう。なるべく涼しい服装を心がけ、日傘や帽子も活用するのが効果的です。入浴の前後や、起床後も、まずは水分を補給しましょう。汗を大量にかいた場合は、水分だけでなく、塩分補給も忘れないでください。 暑さを我慢せず、エアコンを使って室内の温度を適度に下げましょう。室内に温度計を置き、こまめに室温を確認しながら調節するとよいでしょう。なお、感染症対策として換気を行う場合は、窓とドアなど2か所を開放したり、扇風機や換気扇を併用したりするのが、おススメです。換気後、エアコンの温度は、こまめに再設定してください。もし、少しでも体調が悪いと感じたら、無理をしないで、自宅で静養することが必要です。高齢者や子ども、障がいのある方は、特に熱中症になりやすいので、周りの方が気を配るなど、十分ご注意ください。


    ニュース設定