2連敗の阪神、響いた“初回の走塁死”…解説陣も言及「少し若さが出た走塁だった」

8

2023年06月10日 07:10  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

阪神・岡田彰布 (C) 産経新聞社
◆ 「チャンスで佐藤輝明に…」

 阪神は敵地で日本ハムに0−4で敗戦。今季5度目の完封負けを喫し、これで2連敗となった。

 打線は初回、二死から3番・前川右京が右前安打で出塁。続く4番・大山悠輔も中前安打で続いたが、一塁走者の前川が三塁を狙うもタッチアウト。得点のチャンスを走塁死という形で潰しまう。

 その後は、日本ハム先発・鈴木健矢の緩急自在の投球に苦しめられてゼロ行進。中盤以降はチャンスは作るもののホームが遠く、今季5度目の完封負けを喫した。


 ここ数試合流れが悪い阪神打線について、9日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した解説者の真中満氏は「この試合は日本ハムの鈴木投手が上手く緩急をつけて好投をしていました」と話したうえで、「でも紙一重な部分もあると思う。誰かが打ってくれれば、打線は繋がると思う」と振り返った。

 一方で、同番組に出演した解説者の館山昌平氏は「初回の攻撃の際に、前川選手が三塁を狙ってアウトになりましたけど、あの走塁がもったいなかった」とコメント。続けて「無理せずに、一・二塁とチャンスの場面で5番・佐藤輝明を迎えたかったですね。少し若さが出た走塁だったかなと思います」と説明し、この場面に関しては無理な走塁はしなくても良いケースだったのではとの見解を述べた。


 これで交流戦の成績は4勝5敗1分で黒星が先行。リーグ2位・DeNAとのゲーム差は4.5となった。

 悲願のリーグ優勝を成し遂げるためには、この交流戦が踏ん張りどころとなりそうだ。


☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2023』



【動画】ドラ6ルーキー・富田蓮がプロ初先発/6月9日:日本ハム−阪神のハイライト

このニュースに関するつぶやき

  • 若かったら何をしてもええんかと思う。プロ野球選手やねんから頭も鍛えとけよ�פä��ä��ʴ�
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定