ヤクルト・塩見「甘い球がきたらしっかりスイングしようと」 満塁弾含む4安打5打点もチームは逆転負け

4

2023年09月21日 22:56  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

ヤクルト・塩見泰隆 (C) Kyodo News
◆ チームは17安打放つも逆転負け

 ヤクルトは21日、神宮球場で中日と対戦。壮絶な点の取り合いの末に8−9で敗れた。

 打線は中日先発の小笠原から7点を奪い、4回で攻略したものの、先発したサイスニードが6回途中9失点で降板する誤算。17安打を放ちながらもチームは逆転負けを喫した。 

 この日は、1番の塩見泰隆が4安打5打点と大暴れ。0−2で迎えた3回の第2打席では一死二塁からセンターへ適時二塁打を放ち、4回には一死満塁の場面で小笠原のチェンジアップを捉え、センターバックスクリーンへ7号満塁本塁打を叩き込んだ。


 試合後「甘い球がきたらしっかりスイングしようと決めて、振ったらしっかり捉えることができた。風も強くて、そのまま風に乗ってくれてホームランになって良かった」と振り返った塩見。だが、自身の活躍も勝利には結びつかなかった。

 眥顛淡禊篤弔榔見について「やっぱり長打も打てるし、出塁率も高い。彼が1番にいるのかいないのかというのは、ゲームの展開を見ても大きいと思います」とし、下半身のケガで今季はここまで44試合の出場にとどまっているだけに、指揮官も「1年間できる体力をつけてほしいなと思います」と、来季への期待を込めて話した。


取材・文=別府勉(べっぷ・つとむ)

このニュースに関するつぶやき

  • 中日もそうだけどヤクルトも少し投手が良くなれば面白いから,打線は粒揃いなので来年は楽しみだなー
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定