歩き出しそうなキノコを見つけた!「王冠にマントつけてるみたい」「ポケモン!?」

24

2023年09月26日 12:20  まいどなニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

まいどなニュース

王様きのこが、森にあらわれた(提供:東京大学きのこ同好会さん)

 X(ツイッター)に投稿された1枚の画像が話題です。地面を落ち葉が覆う森の中に、不思議な姿のキノコが2本立っています。

【写真】上から見るとこんな感じです

「かわいー」
「王と幼き王女だ‼︎」
「夜に歩き出すタイプ」
「わぁ 森で出会ったきのこ界のプリンスみたいですね」
「自然界の素晴らしさ!」
「ポケモンみたいでかわいい!」
「きのこってだけで可愛いのに 王冠にマントまでつけてるみたいで、可愛さ限界突破しちゃってます」

 王冠の絵文字と一緒に画像を投稿したのは「東京大学きのこ同好会(@UT_kinoko)」さんです。後日、上から捉えた画像と、傘が開いた画像も投稿しています。キノコについてお話を聞きました。

──本当に王冠を乗せて立っているかのようで、小さい方もマントを纏っているみたいでかわいいですね。こちらのキノコの種類は?

 このキノコは、外見的な特徴だけでいうとスオウシロオニタケという種類だと思われます。この写真だけでは判別がつきづらいですが、別の投稿で傘の開いた状態(成菌)の写真をあげているのでそちらを見ていただければわかりやすいかもしれません。

──スオウシロオニタケはよく知られているキノコなのですか?

 図鑑にもあまり載っていない、比較的マイナー寄りなキノコだと思います。ただ、このキノコが所属しているテングタケ属はキノコの花形的なグループですし、今はネットで調べればたくさんの情報が出てくるので、それなりに知ってる方はいらっしゃるのかな…という感じです。

出会った瞬間に「ちゃんとした写真を撮らねば」と思った

──ネットで「スオウシロオニタケ」を調べると、画像がたくさん出てきますが、王冠を乗せたような画像は見つけられませんでした。

 乾燥している時に生えたせいできのこがヒビ割れてしまうことはよくあるのですが、こんなに綺麗に傘の上部だけが反り返っているのは初めて見ました! 出会った瞬間に、これはなんとしてもちゃんとした写真を撮らねばと思わされました。

──王冠がレアなのですね。ほかにどんな楽しみ方が?

 今回のスオウシロオニタケは特徴がある程度はっきりしているため、似ているキノコの中からぴったりの種を見つけるという”名前を知る楽しさ”を体験する上ではとても良いキノコだなとも思います。”シロオニタケ”と名前のつくキノコは複数いるので、ぜひ、見比べてみてほしいです。

 あと、当会のアカウントのアイコンがちょうどそのシロオニタケで、今回の写真のキノコに近い種なのも面白い縁だなと思っています。

──アイコンもシロオニタケなのですね、キノコって見分けるのが難しいですね。毒があるとコメントされている方もいらっしゃいました。

 毒があるかどうかは、わかりません。ただ、この仲間は毒キノコや、嫌な匂いがするキノコが多いので、まず食べようなんて気は起こさない方がいいと思います。見て楽しむのに留めていただきたいです。

──王様みたいなキノコに興味を持たれた方が多くいらっしゃいました。

 野生のキノコの姿は図鑑で見るものとはまた一味違います。そういった違いの一つが今回のように話題になったことは非常に喜ばしく思っています。これをきっかけに色々な方にキノコに興味を持っていただけるととても嬉しいです。

 見る人によって王様、お姫様、王子様、妖精、はたまたクラゲや宇宙人など解釈がさまざま分かれていたのがとても印象的でした。このように色々な捉え方ができるのはキノコの魅力の一つだと思います。また、今回の投稿をモチーフにしたイラストの投稿についても楽しく見させていただいています。描いていただいてありがとうございます。

──王冠キノコから素敵なイラストが出来上がっていましたね。キノコのどんなところが魅力だと思われますか?

 キノコ、というかキノコ探しの魅力かもしれませんが、出会いが一期一会なところにあると思っています。今回の写真もそうですが、その日その場所にいた人しかベストなタイミングのキノコには出会えないという特別感や、今日はどんなキノコが見れるんだろうという期待感で、ついつい山や公園に足が向いてしまいます。

 キノコの魅力に関しては、種類の多様さや、独特な形態、色合い、模様、生態、食味など、全てが個性的かつ魅力的で、書ききれないくらいです。

──投稿されているキノコの写真を見ていると、どれひとつ同じ感じがしなくておもしろいです。おすすめのキノコはあるのでしょうか。

 キノコはどれも魅力的で甲乙つけづらく…、ぜひ図鑑を眺めて好みのキノコを探してほしいです。栽培品でいうと、ちょっと前からスーパーに並ぶようになった「大黒本しめじ」が形も可愛くてとても美味しいのでおすすめです。

 ◇ ◇

 「東京大学きのこ同好会」は、大学を問わずだれでも入部できるそうです。

「ゆるい同好会なので特にこれといった活動はなく、部員間で、個人的に行ったキノコ観察の写真のシェアや情報共有を行なっています。募集などがあれば、予定があった人たちで一緒にキノコ観察をしにいったりすることもあります」という活動内容。

 キノコの可愛さや魅力を共有してみたい方は、入部を検討されてはいかがでしょうか。

(まいどなニュース/Lmaga.jpニュース特約・太田 浩子)

動画・画像が表示されない場合はこちら

このニュースに関するつぶやき

  • 友人にキノコ好きな女の子がいたんだけど、愛好サークルに入ったら男性の会長に粘着されてキノコまで嫌いになってしまった。こういうの見つけるたびに知らせてたのに…
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(13件)

ランキングIT・インターネット

前日のランキングへ

ニュース設定