インテル、FWアルナウトヴィッチがハムストリングの負傷で戦線離脱へ…復帰は11月に?

0

2023年09月26日 13:06  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

今夏にインテルへ復帰したアルナウトヴィッチ [写真]=Getty Images
 インテルは25日、オーストリア代表FWマルコ・アルナウトヴィッチの負傷を発表した。

 現在34歳のアルナウトヴィッチは今夏にボローニャからレンタルで加入し、約13年ぶりのインテル復帰を果たした。今シーズンはここまで公式戦全6試合に出場し1アシストをマーク。現地時間24日に行われたセリエA第5節のエンポリ戦(1−0)では、72分にアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスとの交代でピッチに立った。

 しかし、後半アディショナルタイムに入る直前の90分、右サイドをスプリントした際に左足を負傷。プレー続行が不可能となり、そのままピッチを後にしていた。今回のインテルの発表によると、現地時間25日月曜日に検査が行われた結果、同選手の左大腿二頭筋の筋腱接合部に中程度の損傷が確認されたとのこと。クラブは今後数週間以内に再検査が実施される見込みと伝えている。

 現時点で全治期間は明らかになっていないが、『スカイスポーツ』や『ガゼッタ・デロ・スポルト』など複数のイタリアメディアによると、アルナウトヴィッチは少なくとも1カ月半から2カ月程度の戦線離脱を余儀なくされる可能性が高いという。今後はチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ含め過密日程が続くインテルだが、34歳のベテランFWの戦列復帰は11月以降になる見込みと報じられている。

 なお、25日のイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』は、インテルを率いるシモーネ・インザーギ監督がアルナウトヴィッチの離脱を受け、代替選手の確保を希望していると指摘。現在クラブ内ではフリートランスファーでの新戦力獲得や、プリマヴェーラ(下部組織)所属選手の内部昇格などが検討されているという。
    ニュース設定